暮らしの知識

風速10mってどれくらい?傘は壊れる?電車は動く?

風速10mとはどれくらいの強さの風なのか、具体的にまとめてみました。

風速10mってどれくらい?

天気予報で『風速』という言葉はよく聞きますが、数字だけではどれくらい強い風なのかイメージできないですよね。

風は弱くなったり強くなったりしますので、絶対にこういうことが起きるとは言い切れませんが、風速10mのおおまかな目安を挙げてみます。

具体的な目安

風速10mは日常生活のなかで言えば「けっこう強い風」です。
「今日は風が強いねぇ~」と話題にするレベルの風と言ってもいいです。

具体例

・歩いていると髪が乱れる
・帽子が飛ぶ
・洗濯物はしっかり留めないと飛ぶ
・葉っぱが飛んでくる
・木が揺れる
・敷物は重しをしないと飛ぶ(またはめくれる)
・スカートはおすすめできない

逆に言うと、葉っぱが飛んでくる程度の風で、看板などが飛ぶほど強くはないでしょう。

多少歩きにくいですが、歩けないほどではありません。
自転車にも乗れます。

外出をためらうほどの風ではありませんが、軽いものは飛んでしまうので、ピクニックやバーベキューなどはちょっと大変かもしれません。

傘は壊れる?

風が強い日はビニール傘がひっくり返って大変なことになっている映像をよく見かけますね。

風速10mでは、基本的には傘が壊れるほどではありません。
傘が壊れるのは風速15mくらいからです。

ですが、風は一定ではないので注意はしてください。

電車は動く?

電車が止まるのは、風速20~25m以上の場合です。

ですので、風速10mでは電車は動いています。

台風で学校が休みになるのはどんな場合?いつ決まる?風速との関係は?台風が近づくと学校が休校になる場合があります。 その基準はなんなのか気になりますよね。 台風で学校が休みになるのはどんな時なのか...

飛行機は?

飛行機が欠航になる明確な基準はありません。
滑走路の状態や機体の条件などによって変わるので、風速だけで欠航が決まるわけではないからです。

飛行機は横風に弱いので風速10mでも欠航になる場合もあります。
だいたい風速15mだと飛ばないかもしれないレベル、風速25m以上ではほぼ欠航です。

まとめ

風速10mは弱い風とは言えませんが、外出をやめるほどの風ではないと言ってよいです。

傘も壊れることはないでしょうし、電車は動いています。
飛行機も基本的には運航するでしょう。

風速の目安は?気をつけるのは何メートルから?外出は?天気予報などで風速〇mといいますが、どれくらいの威力なのか数字だけではよくわかりませんよね。 風速の意味と気をつける目安、威力はどれくらいなのかをまとめました。...