ホワイトデーのお返しの意味って?マカロン/クッキー/キャンディ/マシュマロ

バレンタインに渡すのは「チョコ」が定番ですが、ホワイトデーには「これ!」というはっきりしたものはありませんね。

ホワイトデーのお返しにおすすめのお菓子と、その意味をまとめました。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しの意味って?

そもそも「ホワイトデー」というものを行っているのは日本くらいのもので、古い由来がある「バレンタインデー」に比べて、ホワイトデーは世界的に知られているものではありません

ホワイトデーの由来は諸説ありますが、簡単に言えば「バレンタインでチョコを貰うのだから、お返しをする日もあったらどうだろう」という雰囲気で設定されたものといえます。

そういった動きをした日本のお菓子業界が初めに売り出したお菓子たちが、今もホワイトデーに贈られる品々になっています。

そういった面からしても、元々はお菓子会社が決めたというだけで、お菓子自体に深い意味や由来はないのですが、なんとなく一般的になっている意味はありますので、一応知っておくとよいのかなと思います。

マカロン

マカロンには「あなたは特別な人です」「あなたは大切な人です」という意味があります。

なぜそういった意味になったのか、はっきりしたことは分かりませんが、マカロンは少々高価なお菓子ですので、特別感があるのは分かります。
そのため、恋人や奥様など本命の相手に送るのにぴったりです。

人気のブランドは、マカロンの老舗「ラデュレ」や、チョコレートでも有名な「ジャンポールエヴァン」などがあります。

独特な触感がやみつきになる、とってもおいしいお菓子ですので、好きな女性は多いですね。
私も大好きですが、普段は高くてあまり買えないので、貰えたら嬉しいと思います。

クッキー

クッキーの意味は「友達」が一般的です。
義理チョコのお返しにぴったりです。

軽くてさくっとしていることから、そんなイメージになったという説があります。

お値段も手軽で手に入りやすいので、大人数へのお返しにも重宝しますね。

キャンディー

キャンディーの意味は「あなたのことが好き」です。

ホワイトデーを広めた「全国飴菓子工業協同組合」が「キャンディを贈る日」としてホワイトデーをスタートさせたことから、定番のお返しになっています。

そのため、シンプルな「好き」という意味になったのでしょうか?
甘さが長く続くということから来ているという説もあります。

個人的には、ホワイトデーのお返しとして昔からあるものですので、「アメはちょっと古いかな」なんて思ってしまいます。

ですが、かわいいおしゃれなアメも多いですので、小学生や中学生のお返しにはよいですね。

マシュマロ

マシュマロの意味は「あなたが嫌い」というのが一般的です。

これは私の学生時代(20年以上前)から根付いているものですね。
「マシュマロをホワイトデーにもらうと嫌いって意味なんだよ」と、しきりに言っていた友達を思い出します。

ですが、意味を知らなかったとしたらお互いかわいそうなことになると思いますね。

実はホワイトデーの起源のひとつ、老舗菓子屋「石村萬盛堂」さんはマシュマロをホワイトデーのお返しとして売り出しました。

その意味は「バレンタインデーに君からもらったチョコレートを、僕のやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」というものです。

そのため、チョコが中に入ったマシュマロをホワイトデーのお返しとして贈ろうと提案しています。

また、ホワイトデーの「ホワイト」は「マシュマロの白」からきているという説もあります。

とても素敵な意味もあるマシュマロですが、「嫌い」という意味が、かなり浸透しています。

もしかすると、「あげたチョコ=私の気持ち」を、マシュマロで包んだとしても「お返し」されてしまうわけですから、イコール「嫌い」という意味になってしまったのでは?なんて、想像ですが思ってしまいました。

また、やわらかくてすぐになくなってしまうことから、その程度の気持ちという解釈もあるようです。

マシュマロは好き嫌いが分かれるお菓子でもありますので、ホワイトデーのお返しとしてわざわざ危険をおかす必要もないのかなと思ったりもします。

距離を置きたい相手や、「マシュマロが大好物!」という女性には、よいでしょう。

まとめ

ホワイトデーにお返しするスイーツの定番の意味は、マカロンは「あなたは特別な人です」、クッキーは「友達」、キャンディーは「あなたが好き」、マシュマロは「嫌い」という意味が一般的です。

ですが、最近ではそれ以外にもバレンタインと同じチョコを贈ったり、ケーキやタルトなど、スイーツ全般の人気商品が押されています。

意味はあまり気にせず、相手に喜んでもらえるものを贈ろうという方も多くなっていますね。
意味などを気にして盛り上がるのは、小学生や中学生でよくあることなので、息子さんのお返しを選ぶお母さんなどは気をつけてください。

参考
ウィキペディア ホワイトデー
石村曼盛堂 公式サイト