電報おすすめサイトは?祝電弔電にデザイン豊富で長文もOK

祝電や弔電、お祝いの電報におすすめのサイトを紹介します。

電報おすすめサイトは?

電報というと電話で申し込むイメージがあります。

電話で申し込むのはNTTの電報サービスです。
固定電話ならば、電話料金と一緒に電報代も引かれますので、便利ではあります。

ですが、電話をするのは苦手だったり、緊張するという方も多いでしょう。

近年では、インターネットでも電報を申し込むことができます。
ネットなら台紙のデザインや文例を見て選ぶことができますし、24時間申し込みができますので、電報を打つなら圧倒的にネット注文がおすすめです。

選ぶポイントは?

NTTも、ネットで電報を申し込むことができます。
ですが、電報を打てるのはNTTだけではありません

KDDIには「でんぽっぽ」という電報サービスがありますし、他にも電報サイトはいくつかあります。

では、どこで電報を打つか選ぶ時のポイントはなんでしょう。

電報サイトを選ぶときのポイント

・料金
・文字数課金があるかないか
・申し込みから配達までの期間
・台紙の種類
・文例の種類

NTTの電報は、文字数によって料金が変わります
そのため、長文を打ちたい時は料金が高くなる傾向があります。

申し込みから配達までの期間については、電報は早さが売りですので、ほとんどのサイトは当日配達が可能です。
そのため、配達に関してはあまり差はないでしょう。

他には、どんなデザインの台紙があるかということや、贈りたい種類の電報があるかどうかという点もあります。

文字課金がない「VERY CARD」

NTTの電報も種類豊富ですが、最近人気の電報サイトはVERY CARD
です。

NTTとVERY CARDの比較をするとこうなります。

NTTVERY CARD
台紙種類ぬいぐるみ
フラワー
線香 など
ぬいぐるみ
フラワー
ブリザ
バルーン
線香 など
即日配達19時までの申し込み14時までの申し込み
文字数文字数課金あり文字課金なし
(350文字まで一律料金)
文例1700種類1000種類

VERY CARDは、文字課金がなく、350文字まで定額料金です。
台紙の種類も多く、ぬいぐるみやフラワー、バルーン電報も揃っています。

文例も豊富で、14時までの申し込みで全国即日配達です。

NTTの料金体系は「メッセージ料金(文字数)+台紙料金=電報料金」です。
早めの申し込みで数十円の割引はありますが、慶弔電報で65文字までは1380円、それ以上は5文字ごとに90円プラスです。

例えば、よくあるこんなメッセージで比較します。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
晴れの式を迎えられたことを、心よりお祝い申し上げます。
この学校で学んだことを胸に、夢に向かって羽ばたいてください。
応援しています。

こちらで87文字です。

ですので、NTTの場合、文字代だけで1830円になります。
台紙は0円というのもありますが、飾りがあるものでは500円~です。

「VERY CARD」なら、一番安いもので1280円から、メッセージと送料込です。



>>電報、祝電、弔電なら電報サービス【VERY CARD】

まとめ

長文を送りたい場合は「VERY CARD」はおすすめです。
「NTT」は、ぬいぐるみ電報の種類が豊富で、住所や式斎場検索機能などもあるので親切です。
用途に応じて、いろいろ検討するとよいかと思います。

電報の送り方は、以下の記事で詳しくまとめています。

電報といえば、結婚式に送る「祝電」やお葬式に送る「弔電」などがあります。 普段あまり電報を打つ機会がないと、どうやって送ったらいいのか?ど...