暮らしの知識

みかんの薄皮は食べられる?ポンカン/デコポン/はっさく

最近はスーパーでいろいろな種類のみかんを見かけます。
買おうかな?と思って見るんですが、「ポンカン?」「デコポン?」「どうやって食べるんだ?」っと思います。

外側の皮をむいてそのまま食べられるのか、内側の皮もむいたほうがいい種類なのか、気になったので調べました。

みかんの皮は食べられる?

みかんの皮というと外側の皮と内側の皮がありますね。
今回は、外側の皮ではなく、内側の皮を食べるかどうかについてまとめます。

一般的に普通の「みかん」と呼ばれるのは「温州みかん」といいます。
温州みかんにも種類がありますが、皮を剥いてそのまま手軽に食べられるので、大人から子供まで知っている、冬の定番みかんです。

他にも柑橘類にはポンカンやデコポン、いよかんやはっさくなど様々な種類があります。

内側の皮は食べる?

みかんの内側の皮の呼び方は「内皮」とか「薄皮」など、地域や人によって違うようです。

専門的には、みかんの中の薄くて白い皮のことは「じょうのう」などといいます。
(じょうのうを知っている方は多くないと思いますので、今回は薄皮と呼ぶことにします。)

普通のみかんは、基本的に薄皮を食べることができるのは知っている方は多いでしょう。
他の柑橘類も「毒があるかないか」という点でいえば、毒はないので薄皮は食べても大丈夫です。

好みや体質によって、薄皮を食べる人と食べない人と分かれますが、食べることはできます。

薄皮やその周りについている白いスジには、たくさん栄養が含まれていますので、捨ててしまうのはもったいないかと思いますね。

薄皮を食べない方がいい種類は?

体質によって薄皮を食べるとお腹を壊すという方もいますが、一般的にみかんの薄皮は食べることができます。

ですが、「食べてもいいけど堅くておいしくないから、むいたほうがいい」という種類もあります。
薄皮をむくのが面倒な人は、皮ごと食べられるのか買う前に知りたいということはありますよね。

主な柑橘類の特徴を表にまとめましたので、参考にしてください。

ポンカンデコポンいよかんはっさく甘夏
手でむけるか 〇 〇 △ × ×
薄皮の厚さ薄い薄い 厚い 堅い 厚い
種あるなし あり あり ありありあり
外皮が食べられるか 〇 〇 〇 〇 〇

ポンカンやデコポンなど、薄皮が薄いものはそのまま食べられます。

はっさくや甘夏は薄皮が厚く味も苦いので、薄皮をむいて食べるのがよいでしょう。
外皮も手でむくのは難しい品種です。

外皮も食べられるみかんは多いですが、農薬などの心配がないか確認してください。
そのまま食べるとおいしくないので、マーマレードにするなど一手間かけるのをおすすめします。

まとめ

薄皮を食べるかどうかは、厚さと味で決まるということかと思います。
薄皮が厚くておいしくないものは、むいて食べるのをおすすめされています。

内側の皮をむくのはちょっと面倒ですが、それぞれの品種で独特な味はとてもおいしいので、手間がかかっても食べたくなります。

栄養豊富なみかんですので、いろいろな種類を楽しんで元気に過ごしたいですね。