暮らしの知識

次亜塩素酸水の薄め方|濃度と用途のまとめ

次亜塩素酸水はノロウイルスの除菌剤としても知られています。
他にもいろいろ除菌や消臭などで使用できますので、とても便利な除菌水です。
原液を買って薄めて使うとお得で便利です。
濃度によって用途も違うので、原液の量と薄め方、使用方法についてまとめました。

次亜塩素酸水とは

次亜塩素酸水は除菌力が高く、ノロウイルスの除菌やインフルエンザ予防、食中毒予防にも使われています。
その上、主成分は塩と水で、除菌後は水に戻るので安全です。

我が家でも使っていますが、臭いもなくとても扱いやすいです。

原液を薄めて使うこともできますので、たくさん使う場合にもおすすめです。
濃度によって使い分けることができますので、あれこれと除菌剤や消臭剤を買う必要がなくなります。

次亜塩素酸水の濃度と使い分けについてまとめます。

薄め方

次亜塩素酸水は商品によって濃さが違います。
ですので、基本的には商品に付いている説明書を読んで、用途によって薄めればよいといえます。

そうはいっても、「説明書なくしちゃった」なんてことはよくありますね。

一般的に市販されている次亜塩素酸水の濃度の種類は800ppm・400ppm・200ppmがあります。

最も用途が多いのは200ppmです。
濃度が高いほど除菌力が高くなるわけですが、200ppmあればウイルスに効果があるとされます。

800ppmほどの濃度のものを原液で使用することはほぼありませんので、濃度の濃い品を購入する意味としては、長持ちするという点でしょう。

次亜塩素酸水は劣化が早めですので、濃度が濃ければその分長持ちするといえます。


濃度と用途

次亜塩素酸水の濃度と用途をまとめます。

濃度用途
20~50ppm・食材の洗浄除菌
・哺乳瓶除菌
・おもちゃ除菌
・衣類消臭
・カーテン消臭
・室内の空気の除菌消臭
・花瓶の水
・超音波加湿器に使用
100~200ppm・車内の消臭
・靴や下駄箱の消臭
・ダイニングテーブルなどの除菌
・歯ブラシ除菌
・入れ歯除菌・洗濯物の臭いとり
200ppm・包丁、まな板、ふきん、スポンジなどキッチン周りの除菌
・排水口の除菌
・浴室の除菌
200ppm以上・嘔吐物除菌
・カビ除菌
・トイレ除菌・使用済みおむつ消臭
・ペットのトイレ除菌消臭

ドアノブやテーブル、トイレや浴室など硬いものは、スプレーした後数分おいて拭き取るか洗い流すのが基本の使い方です。

200ppmの濃度のものを用意しておけば、キッチンからダイニング、トイレなどの消臭や除菌ができると思ってよいでしょう。

200ppmを2倍に薄めたものは、気軽に消臭スプレーとして使えます。

嘔吐物など、ウイルスがいることが分かっている時には200ppm以上の原液をしっかりスプレーして数分おきましょう。

200ppmの原液か、それ以上の濃度のものはしっかり除菌したい時に使います。

↓そのまま使える200ppmのセット。
除菌効果はもちろん、おしゃれなパッケージも人気の楽天1位です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

※10月18日発送【送料無料】 Sourif スリーフ 安定型次亜塩素酸ナトリウ…
価格:3564円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)

 

楽天で購入

 

まとめ

次亜塩素酸水はいろいろな濃度のものがありますが、日常生活で除菌として使うなら200ppmの濃度です。
消臭スプレーとして使うなら、100~50ppmに薄めて使いましょう。

📌薄め方についてはこちらの記事も参考にしてください

あわせて読みたい
10倍希釈って?原液の量は?洗剤の簡単な薄め方洗剤や除菌水などで、「〇倍に薄めて使ってください」などというものがあります。 または「4倍希釈」や「10倍希釈」などがありますね。 ...