暮らしの知識

母の日はいつ?カーネーションの意味は?花は?

今年の母の日はいつ?
母の日に贈る花はなにがいい?
カーネーションの花言葉や意味は?

母の日はいつ?

母の日は毎年同じ日で、5月の第2日曜日です。

由来は?

アメリカのアンナという女性が、亡くなった母を偲んで教会で追悼式を行ったことが母の日のはじまりとされます。

それをきっかけに、母に感謝を伝える日として「母の日」が広まっていきました。

世界中に広まった「母の日」ですが、国によって祝われている日は微妙に違います。

日本の母の日が5月の第2日曜日である理由は、アメリカ議会がこの日を母の日と定めていることからきているとされています。

カーネーションの意味は?

母の追悼式で、アンナは白いカーネーションを皆に配りました。
そのことから、カーネーションは母の日を象徴する花になっています。

カーネーションを配った理由は、アンナの母親が好きだった花だからです。
その後、母が亡くなっている人は白、母が存命な人は赤のカーネーションを胸に飾るようになりましたが、やがて母に花を贈る習慣に変化していきました。

何色がいい?

カーネーションは、聖母マリアが流した涙から咲いた花だともいわれ、フリルのような花びらが可憐な花です。

母の日に贈るなら何色がいいでしょう?

色で花言葉が違います

母の日に贈るカーネーションの色は赤が定番です。
花言葉も「母への愛」などですので、ぴったりですね。

他にも、色によって花言葉が違います

カーネーションの色別の主な花言葉

■赤 母への愛
■ピンク 感謝
■オレンジ 純粋な愛情
■紫 誇り・気品
■青 幸福

□黄色 軽蔑・嫉妬
□白 亡き母を偲ぶ・尊敬

白はだめ?

アンナが教会で配った白いカーネーションは、亡くなった母に贈るものというのが一般的です。

白いカーネーションの花言葉は「尊敬」です。
花言葉はよいので贈りたくなりますが、白い花は仏壇のお供えなどに使われるものですので、贈り物には避けた方が無難です。

黄色や白のカーネーションは母の日にはあまりふさわしくありません。

カーネーション以外で母の日に贈る花は?

母の日に贈る花、カーネーションの他にはどんな花が贈られているのでしょう。

母の日に贈られている花

■カーネーション
■バラ
■クレマチス
■あじさい
■マム

最近ではカーネーションもいろいろな色が売られていて、赤にこだわることは少なくなっています。

毎年贈っているとカーネーション以外のものも贈りたくなりますね。
お母さんのイメージや好みに合わせて贈ってみてはいかがでしょう。