「ブレスケア」って安全?成分は?効果が続く時間はどれくらい?

ニンニク料理などを食べた後の気になる息のにおいをお腹の中からケアする、「ブレスケア」などの口臭ケア用品の成分や効果についてまとめました。

スポンサーリンク

「ブレスケア」って安全?

CMなどで「ニンニク料理やアルコールの後の息リフレッシュ!」とよく見かけますが、いかにも体に悪そうな色で大丈夫なのかな?と思ったので、調べてみました。

「ブレスケア」は小林製薬から発売されている口臭ケア用品です。
飲んでお腹の中からリフレッシュするというものや、噛んで口の中からお腹まですっきりというものなどがあります。

今回はシンプルな「ブレスケア」についてまとめます。

水で飲むと清涼成分(メントール・パセリオイル)を配合したカプセルがお腹に直接届き、お腹の中から息をリフレッシュ!
引用:小林製薬HPブレスケア

とあります。

成分は?

代表的な「ミント」味について、原材料を見てみます。

植物油脂、ゼラチン、パセリ油/香料、グリセリン、アスパラギン酸Na、酸化防止剤(ヤマモモ抽出物)、食用緑色3号、甘味料(ネオテーム)
引用:小林製薬HPブレスケア

「植物油脂」とは簡単に言うと、植物由来の油のことです。
「ゼラチン」は料理などにも使いますが、冷やすと固まる性質があり、おそらくカプセル部分の材料でしょう。

「グリセリン」は食品添加物で、保存料などの役割として使われています。
「アスパラギン酸Na」は主に、うまみ成分。「酸化防止剤」はその名の通り酸化を防止するもので、こちらも食品添加物です。

他は、香料と着色料などですね。

「食用緑色3号」は合成着色料です。
短期・長期摂取でも問題はないとされていますが、着色料はできればあまり摂りたくない成分です。

あまり飲み過ぎるのはおすすめしません。

ですが、基本的に「ブレスケア」の成分は一般的な食品に含まれているものですので、食べても体に特に悪いといったことはなさそうです。

胃に悪くない?

人によっては「ブレスケア」を飲むと胃がもたれたりすることもあるようです。
おそらく油が含まれていますので、それが弱った胃に負担をかけてしまっているのかもしれません。

また、人によっては、過剰に摂るとお腹を下すこともあります。
何事も、ほどほどがいいということでしょう。

「ブレスケア」の効果はどれくらい?

「ブレスケア」の効果についてですが、飲んで30分くらいで効果が出るようです。

持続時間については、個人差がありますし、食べたものによっても違ってくるので確かな事は言えませんが、だいたい15分~30分くらいです。
1時間ほどしたら効果はなくなってくるでしょう。

基本的には、ブレスケアを飲んだからといって臭いの元がなくなるわけではないので、一時的な対策と思った方がよいでしょう。

消臭剤や芳香剤を置いているだけのようなものなので、臭いの元が消化されるのを待つのが一番かと思います。

まとめ

「ブレスケア」の原材料は一般的な食品に使われている物です。
ただし、油を含むのでたくさん飲むと胃に負担がかかったりする場合もあるでしょう。

持続時間は1時間くらいでしょう。

こちらも読まれています
スポンサーリンク

フォローする