暮らしの知識

お彼岸のお供え物はなにがいい?金額の相場は?のしは?

お彼岸に持参するお供え物はなにがいいのか。
またその相場について。
お供えに付けるのしに書く言葉についてもまとめました。

お彼岸の時期は?

お彼岸は春分の日・秋分の日を含む前後3日のことです。
その期間は先祖供養をする時期とされますので、お墓参りに行ったり、お線香をあげに実家や親戚のお宅などを訪問すると思います。

そんな時に持って行くのが「お供え」ですね。
どんなものがあるのでしょう。

お彼岸のお供え物について

お供え物といっても現金と品物とがあります。
両方持っていく場合もありますし、どちらか一方だけということもあるでしょう。
地域やその家族によっても違いますので、親などに確認してみましょう。

分からない場合は、とりあえず両方持って行けばよいでしょう。
持って行った様子で、次の年からどうするか決めるとよいですね。

お供え物の相場は?

香典(現金)の場合は3,000円~5,000円が相場です。

香典袋は白黒か双銀の結び切りの不祝儀袋を使いましょう。
不祝儀袋は中に入れる金額によって袋のグレードも変わるので、3,000円~5,000円なら水引が印刷されたものが適当です。

表書きは「御仏前」「御佛前」と書かれたものを選び、名前をフルネームで記入しましょう。

b115d9c2adbd72b0de2e867955732ce8_s

品物なら?

品物のお供え物の相場も、香典と同じくらいで3,000円程度です。
香典も持って行く場合は、2,000円くらいでもよいでしょう。

お彼岸にはお線香を贈る場合も多いですが、果物や日持ちのするお菓子などもよいです。

一般的なお供え物は

・花
・和菓子(羊羹・水羊羹・どら焼きなど)
・果物詰め合わせ
・クッキーなど

アレンジされたお花なども、簡単に飾れるのでおすすめです。
また、お彼岸によく見る白やピンクの硬そうなお菓子は「落雁(らくがん)」といいます。
お彼岸のお供えの定番の1つです。
fe1a1d20bbc4f2be3b735f6210c7872a_s

仏壇にお供えする花に決まりはある?種類はなにがいい?正しい飾り方と処分方法を知ろうお盆をはじめ、毎日の仏壇にお供えする花を「仏花」といいます。 飾る花に決まりはあるのでしょうか? おすすめの花と、飾ってはいけない花は? 花の飾り方や、長持ちさせるお手入れ方法についてもまとめました。...

また、故人の好きな物が分かればそれもよいですね。

親戚同士の付き合いになっている場合は、そのお宅の人が好きなものを贈る場合もあります。
毎年のことですので「あの人は〇〇を持ってくる」など、だんだん定番化してくることもあります。

品物ののしはどう書く?

「のし」(正確には「掛け紙」)というのは品物に付ける白い紙のことです。
付けるのは、白黒の水引きが印刷されたものです。

お店で買った場合は、「お彼岸の掛け紙を付けてください。」または「お彼岸のお供えののしをつけてください。」などとお願いすれば、大抵のお店は付けてくれると思います。

表書きは「御供」です。

誰が持ってきたものか分かればよいことなので、実家に持って行くなら、ご主人の下の名前だけでもよいでしょう。
親戚に渡すなら、ご主人のフルネームですね。

お彼岸のお供え物を送る場合は

遠方で伺えない場合は、お供え物を送ることもあるでしょう。

お供えはお彼岸に仏壇にお供えしたり、みんなで分けたりしますので、基本的にはお彼岸前に着くように送りましょう。

前日か前々日くらいでよいでしょう。

「ご仏前にお供えください。」など、メッセージを付けるとなおよいですね。

さちこ
さちこ
メッセージの例文はこちらをどうぞ
お彼岸に訪問挨拶はどう言う?挨拶文の書き方と内容は?お彼岸に親戚などに挨拶回りをすることがあると思います。 そんな時どんなことを言ったらいいのでしょうか? また、伺えない時にお供え...

まとめ

お彼岸のお供えの相場は3,000円~5,000円です。
金額や水引の色などは地域によって違う場合もありますので、身近な人に確認することは必要です。