ノロウイルスに効く除菌スプレーは?手作りするなら?

ノロウイルスは感染力が強いので、予防をしっかりしたいですね。

除菌スプレーは手軽に予防できる方法の1つです。
ノロウイルスに効果があるとされる品を紹介します。

また、自分で作る消毒剤の作り方もまとめました。

スポンサーリンク

ノロウイルスに効く除菌スプレーは?

ノロウイルスは秋から冬に特に流行します。
感染力がとても高く、家族の誰かがかかると全員にうつってしまう、なんて事もよく聞かれます。

まずは、かからないようにする予防をしたいですね。

除菌スプレーの選び方

まず、ノロウイルスに効果があることで知られるのは「次亜塩素酸ナトリウム」です。

厚生労働省の「ノロウイルスに関するQ&A」では、次亜塩素酸ナトリウムの水溶液中に存在する次亜塩素酸および次亜塩素酸イオンの酸化作用が、ノロウイルスの不活化と殺菌効果を示すことが確認されたとあります。(参考:厚生労働省「ノロウイルスに関するQ&A」

また、「次亜塩素酸水」というものもあり、こちらは「次亜塩素酸ナトリウム」を生成して作られたもので、水と塩が主成分のため使用後は無害になり、拭き取りも不要で口に入っても安心な除菌水です。
こちらもノロウイルスへの効果が確認されています。

平成 14 年 6 月に食品添加物として指定されていて、除菌効果があり、しかも安全ということで主流になっています。

市販の除菌スプレーの場合、ノロウイルスにも効果があるものは、きちんと記載があると思いますが、「次亜塩素酸ナトリウム」または「次亜塩素酸水」配合と書かれている物を選ぶとよいでしょう。

また、最近では「ジェミニ型除菌成分」や塩素系を使わない製品も出ています。

どの製品も、使用の条件や状態によって効果は違ってきますので、「絶対に大丈夫!菌は全部いなくなる!」というわけではありません。
信用しすぎるのはよくないですが、ある程度の効果はあると思ってよいでしょう。

おすすめの除菌スプレー

ノロウイルスに効くとされる除菌スプレーや除菌水を集めました。

病院やペットショップでも使われている除菌水「サライウォーター」

高精度次亜塩素酸水使用
除菌効果は高く、しかも無害なので小さい子供やペットがいても使えます。
加湿器などに入れて使う事もできます。

業界最高濃度の次亜塩素酸水「アクアルファf」

高濃度600ppmの次亜塩素酸水使用
効果は強力ですが、原料は水と塩だけなので安全に使えます。
薬品不使用ですが、長期保存も可能です。

スプレー後は水に戻るので拭き取りも不要で、口に入っても安全です。
キッチンやトイレ、空間除菌にペット消臭などいろいろな場所で使えます。
希釈タイプなので、お得ですし、自分好みのかわいいスプレーボトルに入れて使う事もできます。


次亜塩素酸水でスプレータイプのこちらもおすすめ。

お手軽なスプレータイプ3本セット。
インテリアにもなじむ容器です。

有効濃度600ppm相当の高濃度でも無害で安全。

人と環境に優しい 食品添加物殺菌料製剤として厚生労働省認可済! 一般細菌(食中毒原因菌)や真菌類(カビ)の殺菌 のみならず、ノロ・ロタ・インフルエンザ・ アデノ・コロナ・パルボウイルスなど ウイルス類を『瞬時に不活化』

次亜塩素酸水を含む除菌水は、除菌効果が高く口に入れても安心というのが大きな特徴です。

日常の除菌ならば200ppmあれば効果があるとされますので、原液濃度600ppmあれば安心でしょう。
スプレータイプか、薄めて使えるものかで選んでもよいかと思います。

おしゃれなキッチン用除菌スプレー「ノロクリアプロテイン」

いくら安全と言っても塩素系は使いたくないという方におすすめの、キューピーから発売された除菌スプレー。
成分は卵由来成分とアルコールと水の100%食品由来です。
卵成分でも除菌効果は高く、雑誌でも取り上げられています。
まな板やお弁当箱、テーブルなどにおすすめです。

主にキッチン周りで使用する製品なので、衣類などへの使用は想定していないのが残念ですが、おしゃれなので個人的にはとても好きです。

渋柿成分で99%除去「アルタン ノロエース」

広島大学との共同研究で開発された除菌スプレーです。
渋柿に含まれる成分に抗ウイルス効果があることが立証され、NHK「あさイチ」でも紹介されました。
そんな渋柿からの抽出成分で、ウイルス対策のために作られた製品です。
もちろん、食品にかかっても安全です。

幼稚園、病院、老人ホーム、食品を扱う施設などにもおすすめ。
噴霧後の水洗いやふき取りの必要がありません

人から出たウイルスで実験し、99%以上のウイルス除去効果を発揮したとされています。
ノロウイルスだけでなく、インフルエンザや他の食中毒菌にも有効性があるとされています。

携帯にも便利で強力かつ安心の次亜塩素酸水「ノロインフルmyelo(ミエロ)」

シンプルでおしゃれなパッケージに惹かれて飛びつきましたが、効果も高く、いろいろな場所に使えます。

次亜塩素酸水ミエロは、ヒトの白血球に含まれている成分と同じ『ミエロバルオキシダーゼ酵素』でできた除菌水です。史上最強の除菌消臭力を保ちながら、人体に安心です。

人体と同じ中性成分なので手荒れなどの心配もなく安全です。
薄めることによって手指の消毒、うがい、ペットの消臭やトイレに、衣類、赤ちゃんにも使えますし、日常的な除菌消臭剤としても使用できます。

安全性が高く効果もありそうな上に、容器のデザインもよいので、こちらわりと万能かなと思いました。
レビューもよいです。

上記は携帯用ですが、詰め替えもある家庭用もあります。

除菌スプレーの作り方

市販の製品はいろいろ気を使って作られていますので、できればそちらを使った方が便利かもしれませんが、急に必要になることもあるかと思います。

そんな時は、家庭用の次亜塩素酸ナトリウムを含んだキッチン用塩素系漂白剤でも、ノロウイルスの除菌水を作る事ができます
成分に次亜塩素酸ナトリウムと書かれているか確認しましょう。

作り方

家庭用塩素系漂白剤と2Lのペットボトルを用意します。
濃度は用途によって2種類あるとよいでしょう。

■濃度1,000ppm(濃い方)

用途
ウイルスが付いた雑巾などを浸す
ウイルスが付いた部分の拭き取り など

作り方
①2Lペットボトルに水を半分入れる
②そこに塩素系漂白剤を塩素系漂白剤のキャップ2杯(40ml以上)入れてふたをしてよく混ぜる
③水を入れて2Lにして、ふたをしてまたよく混ぜる


■濃度200ppm(薄い方)

用途
手が触れる場所や物を消毒する(雑巾に浸して拭くなど)
汚れた衣類の浸け置き消毒

作り方
①2Lペットボトルに水を半分入れる
②そこに塩素系漂白剤をペットボトルのキャップ2杯(10ml以上)入れてふたをしてよく混ぜる
③水を入れて2Lにして、ふたをしてまたよく混ぜる


主に、ウイルスが付いた場所の消毒は濃い方の消毒剤で消毒をして、身の回りの消毒や衣類の浸け置き消毒などは薄い方でするとよいでしょう。

塩素系のものは、金属に付いたままだと錆びますので、水拭きをしましょう。
誤飲等を防ぐために、作った液が入った容器にはラベルをつけて、子供の手の届かない場所に置きましょう

手作りした液は、濃い方は1ヵ月、薄い方は1週間を目安に使い切るようにしましょう。

まとめ

ノロウイルスの除菌には基本的には「次亜塩素酸水」がおすすめなのかなと思います。
一般的に多く使われていますので、信頼はできると思います。
加湿器に入れて空間除菌ができるのもいいですね。

食品由来の製品も興味深いものがありますので、使ってみたいと思いました。

家庭用漂白剤を使って手作りしたものも効果はありますが、刺激や臭いがきついので、扱いには注意をしてください。