「ジアイーノ」の効果は?次亜塩素酸って?安いのは?

最近CMでよく見かける「ジアイーノziaino」。
パナソニックから発売された「次亜塩素酸 空間除菌脱臭機」です。

次亜塩素酸ってなに?空間除菌ってほんとうに効果があるの?など、疑問に思いましたので、調べてみました。

スポンサーリンク

「ジアイーノ」の効果は?

ジアイーノは公式HPで、以下の様に説明があります。

次亜塩素酸で空気を洗う空間除菌脱臭機。
さまざまな分野の菌・ウイルス対策に活躍する除菌成分「次亜塩素酸」。
パナソニックは独自の技術で次亜塩素酸を生成し、しかも、高い除菌効果を発揮しつつ、安全性にも配慮した濃度でつくることができます。

「ジアイーノ」は、空間の除菌・脱臭に特化し、菌やウイルス、ニオイにすばやく優れた抑制力を発揮します。
引用:ジアイーノ公式HP

空気清浄機というより、次亜塩素酸を発生させて、除菌や脱臭効果を発揮する装置といった感じです。

今までも、「ナノイオン」や「ストリーマ」など、似たような効果があるというものが発売されている気がしますが、そういったものとどこが違うのでしょう?

そもそも、次亜塩素酸ってなんでしょう?

次亜塩素酸って?

さまざまな分野の菌・ウイルス対策に活躍する除菌成分です。
次亜塩素酸は、菌やウイルスの細胞表層だけでなく、中まで浸透してすばやく作用すると言われています。
除菌力、ウイルス抑制力に優れ、厚生労働省のウイルス抑制マニュアルでも、介護施設や保育所でのウイルス対策として紹介される成分です。
また、有機物の分解スピードが早いため、脱臭効果にも優れ、消臭剤などでは取りきれないペットのニオイや介護環境のニオイなどの発生し続けるニオイにも高い威力を発揮します。
引用:ジアイーノ公式HP

除菌というと思い浮かぶのはアルコールですが、インフルエンザには効果があっても、ノロウイルスには効果がないというのは有名です。

それに比べ次亜塩素酸は、インフルエンザウイルスやノロウイルスなど様々な菌への効果が確認され、しかも主な成分は水と塩
使用後は無害になるため、口に入っても安心です。

以前から医療機関や老人ホーム、食品を扱う施設などで多く使われています。

除菌効果が高く、拭き取り不要で口に入っても安全なため、調理用具やペット、赤ちゃんや小さなお子さんのいるおうちでも使うことが出来ます。

次亜塩素酸について以下の記事でも説明しています。

ノロウイルスは感染力が強いので、予防をしっかりしたいですね。 除菌スプレーは手軽に予防できる方法の1つです。 ノロウイルスに効果があ...

どうやって除菌しているの?

ジアイーノは水道水と塩を電気分解し、次亜塩素酸を内部で作っています

そして汚れた空気を吸い込み、その次亜塩素酸が染み込んだフィルターで空気を除菌・脱臭し、きれいになった空気と一緒に次亜塩素酸も空気中に放出します。

空気清浄機はハウスダストや花粉、タバコの臭いなどを吸い込んで空気をきれいにしますが、空気中に漂う菌や家具などに付いた菌をきれいにすることは難しい面があります。

ジアイーノは空間の除菌・脱臭に特化し、空間の浮遊菌やカーテンやソファーなど身の回りの物への付着菌の除菌に効果を発揮します。

空気を吸い込んで菌や臭いをなくす空気清浄機と違い、ジアイーノは自分から除菌効果のある成分を発生させて除菌・消臭もしてくれるわけですね。

試験では、ジアイーノを使っていない自然の状態と比べてジアイーノを使った時は約12時間後、空気中の菌と付着菌が99%減少したという結果が出ています。

家族にインフルエンザや風邪をひいた人がいる時は、とてもありがたい効果です。

空気は換気をすればなんとかなりますが、毎回部屋中除菌スプレーをかけたり、あちこち拭いたりしなくても勝手に除菌されるって嬉しいですね。

安全な除菌スプレーで、室内を常に除菌してくれているようなイメージです。

逆に、タバコの煙やほこりなどの清浄は苦手なようで、特に「喫煙環境では使用しないように」とされています。

安全性は?

「ジアイーノ」が家庭用に発売されたのは2017年ですが、次亜塩素酸による除菌方法は、自販機では1987年から使用され、空間洗浄の業務用としては2006年ころから使用されていました。

そして、2013年に業務用「ジアイーノ」が誕生し、満を持して2017年に家庭用の「ジアイーノ」が発売されたわけです。

私たちが知らないだけで、30年ほど前から身近に存在していたわけですね。

吸い込んでも大丈夫なの?

ジアイーノは水道水に塩タブレットを入れて電解することで次亜塩素酸水溶液を生成し、揮発させて空間を除菌・脱臭しています。
このことから分かるように、次亜塩素酸の主成分は水と塩です。

また、次亜塩素酸は有機物と反応すると無害になるので、口に入っても安全ということは先に説明しました。

では、「空気中に漂っているのを吸い込んでいても大丈夫なの?」と思いますね。

ジアイーノは次亜塩素の吹き出し濃度を安全性に配慮した範囲で作っていますと説明されています。

揮発する次亜塩素酸は空気中の塩素ガスの環境基準より低い濃度になっているため、安心して使うことができるとされています。

もちろん安全検証も行われており、マウスの吸入試験でも異常はないという結果が出ています。

なにより、業務用として長年使われてきているという面もありますし、現在では病院はもちろん、幼稚園や塾、老人ホームや介護施設などで使用され、効果を発揮しています。

安いものは?

ジアイーノがとてもよさそうなのは分かりましたが、やはりちょっと高いです。

例えば10畳まではこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

F-MV1500-WZ パナソニック 空間除菌脱臭機(10畳まで ホワイト) P…
価格:82990円(税込、送料無料) (2018/1/21時点)

15畳まではこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

F-MV3000-WZ パナソニック 空間除菌脱臭機(15畳まで ホワイト) P…
価格:127480円(税込、送料無料) (2018/1/21時点)

もちろん、高く感じない方もいるでしょうし、高くても欲しいという場合は問題ないと思います。

ですが、そういう方ばかりではないと思いますので、「もっと手頃な価格で同じ効果があるものってないのかな?」と思い、探してみました。

小さいので広い部屋全体というわけにはいきませんが、ジアイーノと同じように次亜塩素酸で空間除菌が出来る消臭器です。

ピンポイントで受験生のお部屋や、小さめの塾などの習い事の教室、放課後ルームなど不特定多数の人が集まる場所、ペットのトイレの近くなどにおすすめです。

常に除菌ができるので、個人的にはノロウイルスが流行る時期のトイレに置きたいなと思いました。

まとめ

「ジアイーノ」は従来の空気清浄機とは違い、空間の除菌と脱臭に特化しています。
また、空間だけでなく付着した菌の抑制にも効果があるので、不特定多数の人が集まってウイルスが発生しやすい場所や、菌に弱い人が生活する場所などにとても適した装置です。

幼稚園や学校、病院や塾などにジアイーノが導入されれば、インフルエンザや風邪の流行も減るのではないかと思いますね。

学校にエアコンが普及したように、ジアイーノも「あるのが普通」という時代がくるのではないかと思ったりしました。

参考・パナソニック公式HP「ジアイーノ」