ダウンジャケット失敗しない洗濯の方法は?乾燥のコツって?

ダウンジャケットを自宅で洗濯する場合のやり方やポイント、注意する点などをまとめました。

クリーニングに出すのが大変という場合は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ダウンジャケット失敗しない洗濯の方法は?

ダウンジャケットを自分で洗濯機で洗濯しようと思う場合は、まずタグに書いてある洗濯表示を確認しましょう。


出典:消費者庁HP

一番下の×がついているマークがなければ、水洗いができるということです。

古い洗濯表示の場合、水洗いできないものは「ドライ」と書かれています。
詳しくはこちら

2016年12月1日から洗濯表示が新しくなるって知ってますか? 世界基準になる洗濯表示、かなり変わります。 新しい洗濯表示の意味と、...

ただ、×マークや「ドライ」と書かれたマークがあっても、洗濯ができないというわけでもありません

実際、我が家のユニクロのダウンジャケットはドライマークで手洗い不可でしたが、洗濯機で洗いました。

洗えない種類

洗濯表示が水洗い不可でも洗えると書きましたが、絶対に洗わない方がよいものもあります。

それはダウンジャケットの生地の種類によって判別します。
ダウンジャケットは「ナイロン」や「ポリエステル」などのつるつるとした表面の生地が多いです。
これらは洗濯することができます。

洗濯できないものは以下になります

・ウール(羊毛)
・カシミア
・レザー(革)

「毛」や「革」は洗えないというのは分かるかと思います。
型崩れなどを起こして傷んでしまいますので、自分で洗うのはやめましょう。

洗う手順

実際にダウンジャケットを洗濯機で洗う手順を説明します。

1.ボタンやファスナーは閉じる
2.浮き上がり防止にバスタオルを巻きつける
3.洗濯ネットに入れる
4.「おしゃれ着洗い洗剤」「デリケート衣類用洗剤」等で洗う
5.「手洗い」「おうちクリーニング」などの洗濯モードで洗う

「バスタオルを巻いたら汚れが落ちないのでは?」と思う場合は、あらかじめネットに入れたダウンジャケットを水にひたしてから洗濯機に入れてもよいです。

また、ダウンジャケットだけを洗濯すると脱水の時に偏ってしまいうまくいかない場合があるので、他に洗いたいデリケート衣類を入れてもよいですし、バスタオルなどをいくつか一緒に洗濯した方がよいでしょう。

あとは、洗剤と洗濯コースに注意すれば洗う事ができます。

乾燥の仕方

洗濯機から出したダウンジャケットはぺしゃんこになって、ダウンがあちこちに固まっていて、びっくりするかもしれません。

「これは失敗した?!もう元に戻らないの?!」っと焦りますが、大丈夫です。

干す前に、固まったダウンを優しくほぐして均一にしましょう
そして、風通しの良い場所で陰干しか室内干しします。

ふかふかに乾かすには

洗濯した後しっかり乾燥させることで、臭いを防ぐことができますし、ふかふかな仕上がりになります。

そこで、おすすめなのはコインランドリーの乾燥機にかけることです。
傷まないように低温で短時間、乾燥させるとよいでしょう。
そして、自宅で完全に乾くまで干します。

乾いてもぺしゃんこの場合は

乾いてもダウンがかたよっていたり、ぺしゃんこのままの場合は、もう一度濡らしてダウンをほぐし、乾燥をやり直せば元に戻る可能性があります

ぺしゃんこになってしまった場合は、もう一度やり直してみましょう。

また、乾いてからパンパンとたたくと、ダウンが復活してきます。

まとめ

洗えない素材以外のダウンジャケットは自宅の洗濯機で洗う事ができます。
ですが、安いものなど、物によっては失敗してしまうこともあるので、よく確認をしてから洗ってください。