暮らしの知識

夏のボーナスの支給日は?公務員は?一般企業は?

楽しみな夏のボーナス。支給日はいつでしょう?

夏のボーナスの支給日は?

公務員と一般企業の、夏のボーナスが出る日をまとめました。

公務員は?

国家公務員のボーナスは、「期末手当」と「勤勉手当」で構成されています。
期末手当は民間企業のボーナスの支給状況を基礎に支給額が決められています。
勤勉手当は、個人の仕事の成績などによって決められます。

(期末手当)
第十九条の四  期末手当は、六月一日及び十二月一日(以下この条から第十九条の六まで及び附則第八項第六号においてこれらの日を「基準日」という。)にそれぞれ在職する職員に対して、それぞれ基準日の属する月の人事院規則で定める日(次条及び第十九条の六においてこれらの日を「支給日」という。)に支給する。
出典:一般職の職員の給与に関する法律

国家公務員のボーナス支給日は法律で定められており、夏は毎年6月30日です。

(支給日)
第十四条  期末手当及び勤勉手当の支給日は、別表第三の基準日欄に掲げる基準日の別に応じて、それぞれ支給日欄に定める日とする。ただし、支給日欄に定める日が日曜日に当たるときは同欄に定める日の前々日とし、同欄に定める日が土曜日に当たるときは同欄に定める日の前日とする。

出典:人事院規則九―四〇(期末手当及び勤勉手当)

6月30日が土日に当たった場合は、金曜日が支給日になります。

一般企業は?

一般企業のボーナス支給日は、企業や業種によってバラバラです。

大手企業などは6月が多く、平均すると7月初旬です。
一般企業で多いのは6月10日か、7月10日です。

早くて6月中旬、遅くて8月というところでしょう。

まとめ

夏のボーナスの支給日は公務員は6月30日。
一般企業は、会社や業種によって様々ですが、6月~7月が多くなっています。