コードレス掃除機だけでいい?メリットとデメリットは?

掃除機を買う時、悩む事のひとつに「普通の掃除機にするかコードレス掃除機にするか」という点があると思います。
コードレス掃除機は手軽で便利なので、最近はコードレスだけという方も増えています。

では、コードレス掃除機だけで困ることはないでしょうか?
普通のコード式掃除機とコードレス掃除機の両方を使ってみた感想をまとめました。

スポンサーリンク

コードレス掃除機だけでいい?

コードレス掃除機といえばスティック型の「ダイソン」が有名ですが、そのほかにも最近は高機能なコードレス掃除機が発売されています。
コードを差し込んだり伸ばしたりしなくていいですし、持ち運びも楽なのでとても便利といえます。

コードレス掃除機のメリットは以下の様なものがあります。

・コンパクト
・持ち運びが楽
・コードの出し入れや収納の手間がない
・本体のことを気にせず掃除ができる
・置き場所をとらない
・掃除したい時にサッと出して使える
・階段掃除が楽にできる
・車の中など電源がない場所でも使える

細かいことを挙げればもっとありますが、主な特徴はこのようなものでしょう。

コード式掃除機は、コードが引っかかってしまったり本体が付いてこなかったりと、いろいろ苦労が多いです。
その点、コードレス掃除機は重い本体をごろごろと引き連れて掃除する必要がないので、とても快適です。

いいことばかりのコードレス掃除機のように思いますが、よくないところはあるでしょうか?

デメリットは?

コードレス掃除機の弱点は主に以下の様な点があります。

・パワーが心配
・充電が切れたら使えない
・長時間使えない
・どこにでも置けない

最近では吸引力がコード式掃除機並、もしくはそれ以上というコードレス掃除機もありますので、よく試して購入すれば吸引力に関してはあまりデメリットにはならないかと思います。

ですが、コード式掃除機と違って長い時間使えませんので注意が必要です。
個人的にコード式掃除機があってよかったなぁと思ったのは、布団圧縮袋を使った時ですね。
圧縮袋の空気を抜く時は、かなり掃除機に負担がかかるので、コードレスでは厳しいかと思います。

他にも、普段の掃除はコードレスでやるけれど、しっかり掃除したい時はコード式掃除機で掃除をした方が、隅々まできれいになる気がします。
(これは我が家のコードレスの機能や掃除の仕方の関係もあると思いますが)

「どこにでも置けない」というのは、本体自体は置こうと思えばどこにでも置けますが、使わない時は基本的には充電台などを置いて充電しながら置いておくことになりますので、コンセントがない場所には置けないことになります。

コード式掃除機はコードを抜いて片付ければ、使わない時は物置などにしまっておけますので、そこが違う点ですね。

家の広さや掃除のやり方で選ぶ

1人暮らしの場合は、断然コードレス掃除機がおすすめです。
将来結婚して一軒家などに住むことになっても、サブの掃除機として活躍できるでしょう。

広い家の場合は、やはりコード式掃除機があったほうがよいかと思います。
ただ、「ほうきも使う」とか「掃除機はゴミを取る程度で拭き掃除もする」などといった、掃除機に重点を置いていない場合は、コードレス掃除機だけでも困ることはないかと思います。

小さいお子さんがいる場合は頻繁に汚れますので、すぐに掃除ができるコードレス掃除機はとてもおすすめです。

まとめ

最近はスティック型コードレス掃除機は種類も豊富で進化していますので、1台あるととても便利です。
基本的には、部屋の見えるところに置いておくことになるので、インテリアに合うデザインのものを選ぶとよいかと思います。

生活スタイルや、掃除スタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。