日焼け止めの使用期限って?未開封では?1年前のは効果ある?

夏の外出の必需品でもある「日焼け止め」ですが、意外と使いきれないことって多いですね。
「去年のものが余っているけれど使えるかな?」と悩むこともあると思います。
また、買い置きして未開封のまま放置していたという場合もありますね。
未開封と開封後の日焼け止めの使用期限についてまとめました。

スポンサーリンク

日焼け止めの使用期限って?

日焼け止めは、基本的には使う時期が限られていますので、夏が終わったらそのまま残ることも多いですね。

シーズン途中で終わってしまって新しい物を買ったりすることもありますし、いっぱい残っていると、捨てるのはもったいないと思います。
「使えるのなら使いたいけど、どうなんだろう?」と、毎年思います。

未開封なら?

日焼け止めといえば、『アネッサ』『アリー』『ニベア』『ビオレ』など、メーカーはいろいろあります。

その中でも人気の「ANESSA アネッサ」で見てみると、公式HPでは以下の様に書かれています。

Q.口紅に使用期限はありますか?
A.未開封の状態で保管されていたのであれば、安心して使える目安は3年間ほど。
この使用期限は、口紅に限らず、化粧品全般に言えることです。
開封後すぐに品質が変化することはありませんが、なるべく早く使いきることをおすすめします。
また、高温になる場所(車のダッシュボード付近など)に放置すると、中味が溶けたり、折れやすくなったりして、使えなくなります。
ご注意ください。
引用:資生堂 よくあるご質問

日焼け止めの使用期限については見つかりませんでしたので、この場合は口紅ですが、化粧品全般にいえることなので、日焼け止めも対象になると思われます。

化粧品の未開封での使用期限の目安は3年です。
ですので、買い置きしていた去年の日焼け止めなどならば、安心して使えるということですね。

開封後はいつまで使える?

未開封ならば3年が目安ということは分かりましたが、開封してしまったものはどうでしょう?

代表的な日焼け止めのひとつ「ALLIE アリー」を販売しているカネボウのHPでは、以下の様に書かれています。

Q.残っている去年の日やけ止めを、今年も使えますか?
A.日やけ止めだけではなく、化粧品は未開封のまま正しく保管されていた場合、最低3年間は品質に変化が起こらないようにつくられています。
保管状態が悪かったり、1度でも開封した化粧品は注意が必要です。キャップがきちんと閉まっていなかったためにホコリや雑菌が混入していたり、高温多湿の場所や直射日光の当たる場所に置いてあったりした場合などには変質の可能性があります。
キャップを開けてみて、変なにおいがしたり色が変わっていたりして、おかしいと感じたら使用は避けて下さい。開封後は早めにご使用ください。
引用:カネボウ化粧品 よくいただくご質問

開封後の日焼け止めがいつまで使えるかははっきり書かれていませんが、開封した時から酸化などが始まりますので、確実に劣化はしていきます。
そのため、おかしいと思ったら使わないというのは基本ですね。

一般的に、日焼け止めの使用期限は開封から半年と言われます。

使えないの?

早く使った方がいいとは言いますが、「じゃあ去年の日焼け止めは使えないのか?」というと、そういうわけでもありません。

肌にはあまりよくないかもしれませんが、日焼け止めの効果は変わらないようですので、使えないというわけではないでしょう。

日焼け止めは劣化しやすいので、肌によくない場合はありますが、塗って見てトラブルがなければ、1年前くらいのものなら開封後でも使えるといえば使えます
私も使っていますが、特に問題はありません。

ですが、開封してから2年や3年も経ったものは、使わない方がよいでしょう。

古い日焼け止めを使う場合は、まずは腕など体の肌が強そうな部分で試してみて、問題がなければ使うようにするとよいですね。

また、顔はデリケートなので、できれば古いものの使用は避け、新しいものを使ったほうがよいでしょう。

まとめ

日焼け止めの使用期限は、未開封ならば3年が目安です。
開封後は酸化が進みますので、古いものを使うのはおすすめしませんが、体くらいならば昨年のものでも効果はありますし、使うことはできます。

ですが、肌の強さなどは個人差がありますので、心配な場合は毎年新しいものを買う方がよいです。

こちらも読まれています
スポンサーリンク

フォローする