花火大会デートに浴衣は着ていく?おすすめの持ち物は?

彼氏と花火大会デート、憧れますね。
普段と違う雰囲気で楽しみたい気持ちはあるけれど、浴衣を着るのはハードルが高い気もします。

浴衣は着ていく?着ないならどんな服装がいいの?
また、浴衣デートでの持ち物と気を付けることなどをまとめました。

スポンサーリンク
336

浴衣を着る?着ない?

花火大会といえば女性は浴衣ですよね。
最近はお手軽な浴衣もあり、着ている人も増えているようです。
付き合っている期間などによっても変わりますが、初めての花火大会デートならやっぱり着ていきたいな・・・と思いますよね。

基本的には、相手は浴衣姿を見たいだろうと思いますので、着ていけば喜んでもらえるのではないでしょうか。
聞ける間柄なら、「浴衣着ていこうかなぁ~」など、探りを入れてみてもいいかもしれません。

サプライズもいいですが、彼女が浴衣ならいろいろ気遣いをしたい男性もいるでしょうし、心構えも違ってくると思うので、それとなく着ていく雰囲気を出しておいた方がいいのかもしれません。

着付けや着崩れを気にするなら、今は簡単に着られて帯も結ぶ必要のないものもありますので、そういったものを選ぶとよいでしょう。


作り帯で一人でも着られる人気のセットです。


忘れがちなのはバッグと下駄です。
そちらも和風のものをきちんと揃えたいですね。

浴衣は着ているけれど足元はサンダル!バッグは皮!などは、とっても残念です。
小物なら流行はそれほどなく、毎年使えますので1つは持っていたいですね。

浴衣以外なら

普段クールなイメージで、あまりかわいらしい服装をしない!という方でも、やっぱりデートの時くらいはかわいらしさは加えたいですね。

やはりスカートがよいでしょう。
またはスカートっぽく見えるガウチョパンツやスカーチョなどもおすすめです。

足をたくさん出していると、虫刺されなどが意外とツライので、ロングスカートもいいですね。

持っていくといいもの

洋服ならいつも通りの持ち物でいいかと思いますが、
浴衣を着ていくなら「これは持っていきたい!」というものがあります。

バッグに入れておきたいもの

財布やケータイなど一般的なもの以外に、持っているとよいものをランキングにしました

1.絆創膏
2.安全ピン
3.虫よけ
4.羽織りもの
5.扇子
6.ゴミ袋

下駄で靴擦れをすることは多いので、絆創膏は必須でしょう。
安全ピンは着崩れなどを直す時に万が一のことを考えてあるとよいかもしれません。

じっと座ってただ花火を見るだけなら、夜は意外と冷えることもあります。
ちょっとした羽織れるものがあるとよいでしょう。

ゴミ袋は屋台で何か買った時に出るゴミを入れておくのにあると便利です。
ゴミ箱がないところもありますし、あったとしても人が多い中ゴミ箱まで捨てに行くのも大変です。

花火大会デートといってもいろいろなシチュエーションがあります。
お祭りのついでに花火を見るのか、花火を見るのがメインなのか、きちんとした席で見られるのか、それとも敷物で河川敷のようなことろで見るのか、状況によって持ち物も変わりますので、それによってあるとよいものを考えるといいでしょう。

行く場所と交通手段、時間を確認

近場でちょっと行くくらいならいいですが、遠出する場合は(車の場合は特に)簡単なワンピースなどの着替えとサンダル等を持っていくとよいかもしれません。

浴衣は想像以上に暑くて窮屈でしかも着崩れます。
車での長時間の移動はかなり負担になると思います。
彼も、ぐったりした彼女を見たら気を使ってしまうでしょう。

行きは浴衣で雰囲気を変えて楽しんで、帰りは着替えられるならそうした方が楽でしょう。

「疲れた時用に着替えも持ってきてみた~」と軽い感じで伝えて、車に置かせてもらえば、彼も気が楽になるでしょう。

078169

まとめ

デートは自分だけでするものではないので、不安なことがあれば相手に相談するのがベストでしょう。
楽しく思い出に残る素敵なデートになりますように。

スポンサーリンク
336