日焼け止めの選び方は?SPF・PAの意味って?

日焼け止め、どんな基準で選んでいますか?
とにかく数字が大きくて+がいっぱいあるものでいいか!って思ってしまうのですが、それぞれの意味はよく理解していないことも多いです。
意味を知って、自分に合った日焼け止めを選びたいですね。

スポンサーリンク

「SPF」と「PA」とは

日焼け止めを選ぶ基準の1つに「SPF」と「PA」の数値がありますよね。
まず、「SPF」と「PA」の意味を簡単に言うと以下のようになります。

「SPF」は肌の表面にダメージを与える紫外線(UV-B)を防ぐ力の数値【最大50+】
「PA」は肌の奥まで届いてダメージを与える紫外線(UV-A)を防ぐ力の数値
【最大++++】

紫外線には「UV-A」「UV-B」の2種類あり、Aのほうが肌の表面にダメージを与えるもので、肌が赤くなったり日焼けで黒くなるのが、この「UV-A」紫外線の影響です。

「UV-B」紫外線は肌の奥、内側まで届いて肌を老化させ、しわなどの元になります

427841

数字と+の意味

よく見かけるのは「SPF50」や「PA+++」などですね。
この数字と+の意味はなんでしょうか。

SPFの数字は、大きいほど紫外線の影響を受けるまでの時間が長いということです
例えば、何もつけていない時と比べ、SPF20の日焼け止めをつけると、日焼けをするまでの時間が20倍延長されるということになります。

数字は日焼けするまでの時間を引き延ばせる効力を表していて、「1SPF=20分」と言われています。
日焼け時間には個人差があるので、数字の分だけ日焼けの影響が減ると考えた方が妥当かと思います。

PAの「+」も、ついている数だけ効果が高いということです。

PAの場合、日常生活なら「PA++」くらいあれば足りるようです。
効果を期待するなら、「PA+++」か「PA++++」くらいの方がよいでしょう。

選び方は?

「じゃあ、SPF50のPA++++にすれば安心だ!」と思うかもしれませんが、効果が高いほど肌への負担は大きくなります。

先ほどの考え方でいうと、「SPF50」は20分×50で1000分=16.6時間になります。
16時間以上も、日焼け止め効果が続くほど強力ということです。

必要だと思う方は、もちろんSPF50でもいけないということはないでしょうが、一般的には、SPFは20~30あれば十分ともいわれます。

重要なのは、こまめに塗りなおすことです。
汗などで取れてしまうことが多いので、だいたい2~3時間おきに塗りなおすとよいでしょう。

いくら防御力の高いものであっても、取れてしまっては意味がないですからね。

なるべく肌に負担をかけたくない場合は、数値の高さにこだわるより、SPF20~30くらいのものをこまめに塗りなおす方が効果は期待できるようです。

また、量が少ないと効果が十分に出ないようなので、500円玉くらいの大きさの量を、手に出して塗るのが適量とされます。
肌への負担を考えるなら、石鹸で落とせるもののほうが優しくおすすめです。

日焼け止めの効果について

夏の化粧品などは、どれも日焼け止め効果が書かれていますよね。
下地にもファンデーションにも「SPF」や「PA」があり、その上日焼け止めも塗れば、どんどん効果が上がるの?と疑問に思います。
結論から言うと、足し算にはなりません

化粧下地とファンデーションのSPF数値は足し算で効果が出ることはなく、効果が高い方が採用されると思えばよいでしょう。

SPF20と25のものを塗ったから45になるわけではなく、効果は25程度ということです。
ですので、塗るもののどれかに日焼け止め効果があればよいとされます。

まとめ

炎天下、「とにかく焼きたくない!」という場合は強いものを使ったり、日常生活程度ならSPFなどが低いものを使って肌をいたわったり、正しい知識を持って、自分の用途や肌に合った日焼け止めを選ぶのがよいのではないかと思います。