バレンタインメッセージの書き方は?英語のつづりは?

バレンタインに贈るメッセージについて。
英語での書き方や定番フレーズをまとめました。

スポンサーリンク

バレンタインのメッセージの書き方は?

バレンタインといえば、日本語よりも英語で書かれたメッセージが思い浮かびます。

時期になればたくさん目にしますが、いざ書こうとすると「スペルはどうだったかな?」と思うこともあります。

「バレンタイン」は英語で「Valentine」と書きます。

「バレンタインデー」は英語で「Valentine’s Day」または「St. Valentine’s Day(セイントバレンタインデー)」です。

「St」は「Saint」の略で、直訳すると「聖者」といった意味です。
どうして「聖者」と付くのかは、バレンタインの由来が関係しています。

ローマ時代、戦争のため結婚を禁止された若者のために、密かに結婚式を行い、後に命令に従わなかったため皇帝により処刑されてしまった人が、キリスト教司祭のウァレンティヌス(バレンタイン)という人であったことからきているとされます。

英語の簡単メッセージ

バレンタインによく使われる、英語のフレーズやメッセージを紹介します。

・Valentine’s Day
・St. Valentine’s Day
最も一般的なバレンタインのフレーズです。
「バレンタインデーです」といった感じで、そのままの意味ですね。

これだけだと味気ないので、このフレーズの後に、「いつもありがとう」「大好きな〇〇くんへ」「感謝の気持ちを込めて」「いつもお世話になっています」など、メッセージを添えるのが一般的です。

・Happy Valentine
・Happy Valentine’s day!
「ハッピーなバレンタインデーを!」という意味で、よく使われるフレーズです。
気軽な感じですので、義理チョコや友達へのメッセージにおすすめです。