妊婦がアロマの虫よけを使うのはだめ?影響と理由は?

子供にも優しいと人気の、アロマやオーガニックの虫よけ。
でも、妊娠中にアロマは禁忌と耳にすることありますよね?

本当に使ってはいけないのか、その理由は?

スポンサーリンク

妊婦にアロマはいけないのか

アロマオイルの効能自体、専門家でも意見が分かれているものです。
はっきりしていないため、いろんな情報に左右されてしまいますよね。

特に妊娠中は自分だけの身体ではないので、いろいろと不安も多くなってしまうかもしれません。
「子供にアロマの虫よけを使いたいのだけど、私は妊娠中だからやめたほうがいいの?」という疑問もあると思います。

一般的に、妊娠中に注意が必要とされるアロマオイル

ローズ、ローズマリー、カモミール、タイム、シダーウッド、サイプレス、セージ、ジャスミン、ゼラニウム、ペパーミント、マジョラム、ヤロウ、など。

一部のアロマオイルには、ホルモンに作用する、通経作用(月経を促進する作用)があるとされています。

そのため、「妊娠中にアロマオイルを使うのは危険!」と過剰に怖がられているのでしょう。

しかし、そもそもこれらのアロマオイルに本当にそういった作用があるのか、またそれによって妊婦に害があるのかという確証はないというのが実態です。

香りを楽しむような通常の範囲内での使用なら、過度に不安視する必要はないと考えられます。

そもそもアロマオイル自体、原液ではとても刺激が強いものですので、妊娠中でなくとも使用時には注意が必要です。

正しく使えば、妊娠中のストレスを和らげたりと、プラスの効果もたくさんあります。

106112

アロマの虫よけは?

虫よけに使われているアロマオイルは主に

レモングラス、ゼラニウム、ラベンダー、シトロネラ、ユーカリシトリオドラ、など。

一部、使用を控えた方がいいとされるものも含まれている場合もあります。
だからといって絶対使えないというわけではありませんし、使ってしまったからといって怯える必要もないでしょう。

虫よけとして使われているオイルは少量ですから、その程度で体に影響が出るということはないといってよいでしょう。

それでも不安!という方はいらっしゃると思います。

その場合は「マタニティーブレンド」など、妊娠中でも使えますとはっきり表記されているものがありますので、そういったものを選ぶとよいでしょう。
妊婦に優しいということは、子供にも優しいということですし、効果もさほど変わらないとされます。

136921

まとめ

日常にはいろんな香りがあふれています。
過剰に気にし過ぎて不安になる必要はないでしょう。

不安を持ちたくないという場合は「妊娠中の使用は禁止」と書かれているものは、念のため選ばないようにするとよいでしょう。

こちらも読まれています
スポンサーリンク

フォローする