薄型お弁当箱フードマンって?個別に密封でおかずが寄らない汁がもれない!

今、学生や社会人などに人気の薄型お弁当箱「フードマン」ってご存知ですか?
デザインや機能など、おすすめの理由をまとめました。

スポンサーリンク

薄型お弁当箱フードマンって?

お弁当箱の悩みと言えば

・かさばる
・縦にするとおかずが寄ってしまう
・汁もれが心配

などがあると思います。

お弁当箱にもいろいろな種類がありますが、小判型は量があまり入りませんし、結構かさばります。

たくさん食べる高校生男子や旦那さんなどの場合、大きいお弁当箱だと縦にしないとカバンに入らないですよね。
お弁当を縦にしたり横にしたりすると、しっかり詰めてもおかずが寄ってしまったり、他と混ざってしまったりするものです。

結局、別にお弁当用のランチバッグを持って行くという人も多いのではないでしょうか。

そんな時におすすめなのが、フードマンです。

フードマンの特徴

フードマンが人気なのは、お弁当箱がこうだったらいいなぁという理想を実現してくれているところです。

とにかく薄い

800mlの大きいサイズはお茶碗4杯分入って、A4サイズぴったり幅
厚さはたったの35mmです。

ロックも一体になっていて、でこぼこしていないのもいいところ。
ちょっと大きめの筆箱みたいな感覚で、バッグにすっと入れていけます。

個別に密閉で安心

フードマンは蓋の周囲にぐるっとパッキンがあり、汁もれしにくい構造になっています。
しかも仕切り部分にもパッキンがあるので、おかず同士が混ざる事がないので味が移る心配もありません。

これってすごい嬉しいですよね。

パッキンは一体型になっているので、お手入れも簡単です。
食洗機で洗えて、電子レンジもOKです。

★たっぷり入る800mlはこちら↓

★フードマンミニはお茶碗2杯分。
女性や幼稚園生、小学生におすすめです↓

薄くて汁もれなどの心配がなく、バッグの隙間に入れて持って行けるってとってもいいなと思います。

ビジネスバッグや学生鞄の隙間にも入れられますので、荷物も少なくなっておすすめです。
私も欲しくなりました。