熱中症予防におすすめの飲み物は?スポーツドリンクどれがいい?よくないものも

熱中症の予防には、こまめな水分補給が重要ですね。
では、なにを飲んだらよいでしょう?

スポーツドリンクのなかでも、いろいろ種類があります。
それぞれの特徴をもとに、おすすめの飲み物を選びました。

また、熱中症によくない飲み物もまとめます。

スポンサーリンク

熱中症予防におすすめの飲み物は?

熱中症を予防するには水分補給が大事です。
かといって、何を飲んでもいいというわけではないですね。

熱中症予防に効果的な飲み物を選ぶには、まず熱中症の仕組みを知ることが重要です。
どうして熱中症になってしまうのか、簡単に説明します。

熱中症のしくみ
暑い中で激しい運動をしたりすることで体温が上がり、汗で体温調節をするが、水分不足などでそのバランスが崩れると身体に熱がたまっていき、頭痛・めまいなど様々な症状が出る。

体温が上がった時は、汗をかくことで体の熱を外に逃がして体温調節をしますので、水分補給が重要になります。
また、汗と同時にミネラル(ナトリウム・カリウム)も失いますので、一緒に補給することが必要です。

スポーツドリンクどれがいい?

熱中症予防に必要なのは水分とミネラルです。
もっとも一般的であり、熱中症予防に適した飲み物は「スポーツドリンク」や「イオン飲料」です。
ただ、スポーツドリンクにもいろいろな種類があり、成分に特徴があります。
熱中症を予防するために飲み物を選ぶ時は、ナトリウムやカリウムが含まれているかをチェックしましょう。

アクエリアスは?

アクエリアスの成分は以下の様になります。

養成分表示
100ml当り エネルギー 19kcal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 4.7g
食塩相当量 0.1g
カリウム 8mg
マグネシウム 1.2mg
アルギニン 25mg
イソロイシン 1mg
バリン 1mg
ロイシン 0.5mg

アクエリアスビタミン

栄養成分表示
100ml当り エネルギー 18kcal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 4.6g
ナトリウム 40mg
カリウム 8mg
カルシウム 0.8mg
マグネシウム 1.2mg
ビオチン 9μg
ナイアシン 1.8mg
V.C 200mg
クエン酸 200mg

(出典:アクエリアス公式サイト

アクエリアスの特徴はミネラルの他に、アミノ酸、クエン酸が含まれていることです。
ミネラルはナトリウムで、アミノ酸とはBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)、アルギニンのことです。

BCAAは、摂取することによって運動による筋肉へのダメージを軽減する効果があるとされます。
そのため、運動前や運動中に摂取すると効果的とされます。

アクエリアスは代表的なスポーツドリンクの1つですが、カリウムの量は8mgであまり多くありません
また、ナトリウムはアクエリアスには含まれておらず、アクエリアスビタミンには入っています。

ポカリスエットは?

ポカリスエットの成分は以下の様になります。

ポカリスエット ペットボトル 250ml / 500ml / 900ml / 1.5L / 2L 共通

100mlあたりの栄養成分
エネルギー:25kcal
タンパク質・脂質:0g
炭水化物:6.2g
ナトリウム:49mg
カリウム:20mg
カルシウム:2mg
マグネシウム:0.6mg

(出典:ポカリスエット公式サイト

ポカリスエットにはナトリウム49mg・カリウム20mg が含まれており、これは主なスポーツドリンクの中で最も多い量です。

また、カロリーを見てもわかる通り、ポカリスエットには糖質が含まれています。

水分の吸収スピードを助ける働き
ポカリスエット(250ml、500ml、900ml、1.5L、2L)には5.7%の糖質が含まれています。
これは、腸から身体の中へ、すみやかに水分を吸収するのに適した糖質濃度なのです。

公益財団法人日本体育協会は「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」の中で、
「1時間以上の運動をする場合には、4~8%程度の糖質を含んだものが疲労の予防だけでなく
水分補給効果にも役立ちます」としています。

スポーツのように、たくさん汗をかくときに飲む飲料は、
エネルギー補給だけでなく、水分の吸収スピードのためにも、
ポカリスエットのような糖質を含んだ飲料が適しています。
(引用:ポカリスエット公式サイト

ポカリを飲んだことがある方は分かると思いますが、他のスポーツドリンクよりも甘い気がしますよね。
この甘さには理由があったわけですね。

DAKARAは?

DAKARAの成分は以下の様になります。

栄養成分(100mlあたり):
エネルギー 20kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 4.9g
ナトリウム 40mg
カリウム 7mg
カルシウム 0.1~1.0mg
マグネシウム 0.1~1.0mg
アミノ酸:3~15mg
ぶどう糖:160mg
クエン酸:80mg

(出典:サントリー公式サイト

DAKARA(ダカラ)には、ナトリウム・カリウム・アミノ酸・クエン酸など、熱中症予防に効果的な成分がバランスよく含まれています

中味設計について

ナトリウム:40mg/100ml
環境省が発表した「熱中症環境保健マニュアル」では、日常生活での熱中症対策の
ひとつとして、ナトリウムを40mg~80mg/100ml含む飲料をこまめに飲用することを
推奨しています。本製品では、
「熱中症環境保健マニュアル」を参考に、ナトリウム量を40mg/100mlに調整しました。
(引用:サントリー公式サイト

ナトリウムやカリウムの濃度と浸透圧を考えて調整されています。
また、540mlペットボトルは冷凍出来るので便利です。

ソルティーライチは?

ソルティーライチの成分は以下の様になります。

表示単位 100ml当たり
エネルギー(kcal) 34
たんぱく質(g) 0
脂質(g) 0
炭水化物(g) 8.4
糖質(g) 未測定
食物繊維(g) 未測定
食塩相当量(g) 0.11
ナトリウム(mg) 44
リン(mg) 1
カリウム(mg) 13
カフェイン(mg) 未測定
その他成分

(出典:キリン公式サイト

ソルティーライチはおしゃれな熱中症予防ドリンクというイメージです。
成分としては、塩分はきちんと含まれていますので、熱中症予防には効果的でしょう。
飲むと、かなり味が濃い印象ですが、乾いた体にはおいしく塩分&水分補給できる飲み物かと思います。


ここまで、主なスポーツドリンクを紹介しましたが、どのスポーツドリンクも熱中症には効果的です。
それぞれ微妙に成分に特徴がありますので、使い分けてもよいでしょう。

熱中症予防にバランスがとれているのは「DAKARA」です。

「DAKARA」はナトリウム・カリウムを含み、アミノ酸・クエン酸など疲労回復に役立つ成分も含まれ、カロリーもそれほど高くなく甘すぎない味で飲みやすいです。

また、汗をたくさんかいた時の水分補給なら「ポカリスエット」筋肉をたくさん使うならBCAAの入った「アクエリアス」がおすすめです。

味の好みもありますし、シーンに合わせて選ぶことも大事ですね。

日常的に飲むなら?

熱中症予防に注意しなければいけないのは、スポーツをしている時だけではありません。
室内にいても熱中症になる危険性はありますので、日常的にこまめな水分補給は重要です。

かといって、運動をして汗をたくさんかいているわけでもない場合は、スポーツドリンクは濃いですね。
その場合は「ミネラル入り麦茶」がおすすめです。

麦茶には以下の様な良い点があります。

・体を冷やす
・血液をさらさらにする
・胃の粘膜を保護する
・カフェインがふくまれていない

ノンカフェインですので、赤ちゃんから大人まで誰でも飲めるのもいいところです。

熱中症によくない飲み物は?

熱中症によくない飲み物というものもあります。

水分補給に適さない飲み物

・カフェインが入った飲料(コーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶など)
・お酒
・甘い炭酸飲料

カフェインは利尿作用があるので、コーヒーなどカフェインが含まれた飲料は熱中症にはおすすめできません。
また炭酸などの糖分を多く含むものも、熱中症対策には適していませんので注意してください。

まとめ

熱中症の予防には、汗と共に失われるミネラルが含まれる飲み物が適しています。
それらがバランスよく含まれているのはスポーツドリンクで言えば「DAKARA」です。

また、ナトリウム量で言うなら「ポカリスエット」、アミノ酸が含まれているのは「アクエリアス」です。

日常的に飲むなら「ミネラル入り麦茶」がおすすめです。

最近はいろいろな種類のイオン飲料が発売されていますので、成分の違いを知って、運動量やシーンに合わせて飲み物を選ぶとよいですね。