暮らしの知識

トマトの賞味期限は?色が変わったものは食べられる?

トマトをしばらく冷蔵庫などで保存しておくと、やわらかくなって色が変わってきますね。
色が変わったトマトは食べられるのでしょうか?

トマトの賞味期限についてまとめました。

トマトの賞味期限は?

スーパーなどで買って来たトマト、すぐに食べれば問題ありませんが、しばらく保存しておくと、色が変わっていることがあります。

色が濃くなっている部分ができて、触ってみるとぷよぷよしてちょっとやわらかくなっていたりしますね。

↓こんな感じで色が濃くなってきます。
触るとぷよぷよします。

↓切るとこんな感じ。右側が色が変わっていた部分。
ちょっと水っぽくなっています。

「腐ってる?」と不安になったりもしますが、実際はどうなのでしょう。

色が変わったトマトは食べられる?

色が濃くなってやわらかくなったトマトは完熟状態のトマトです。
そのため、食べることはできます

ただし、触感などが生食には向かないので、熱を通して食べるのがおすすめです。

完熟になったトマトは加熱すると旨味が増しますので、スープにしたりカレーに入れたりすると甘くておいしいです。

食べられないのは?

やわらかくなったトマトは完熟トマトなので食べられますと書きましたが、あきらかに腐っていると分かるものは食べられませんので気をつけてくださいね。

野菜がまだ食べられるかどうかの判断は、「見た目が崩れていないか」というのがポイントと言われます。

トマトも同じで、形が崩れて水が出ていたり、カビていたら腐っていますので、食べられません
処分しましょう。

まとめ

トマトは色が変わっても、形が崩れていなければ腐ってはいませんので食べられます。
完熟しているということなので、生食より加熱して食べると旨味が増しておいしくいただけます。

べしゃべしゃになっていたり、あきらかに腐っているものは食べられません。