日焼け後の肌にいい食べ物って?ビタミンはなにが必要?

プールや海、屋外の作業や部活などで日焼けしてしまった後のケア方法は?
どんなケアをすれば肌によく、シミを防いだり跡が残ったりしないようにできるでしょう?
日焼け後に摂った方がいい食べ物を紹介します。

スポンサーリンク

日焼け後のケア方法は?

夏の炎天下で日に焼けてしまうと、真っ赤になってひりひりしたり、黒くなって皮がむけたりしますよね。

日焼け止めを塗っていても完全に日焼けを防ぐことは難しいので、日焼け後の正しいケア方法を知っておくとよいですね。

日焼けの仕組みは?

まず、日焼けは軽いやけどです。
やけどのなかでは一番軽い『Ⅰ度のやけど』と言われます。

皮膚が赤くなったり熱を持ったりします。
基本的に、Ⅰ度のやけどなら跡が残ることはなく、3~4日で赤みは治まってきます。

ケア方法は?

日焼け後にするケアのポイントをまとめます。

肌を冷やす

日焼けはやけどですので、まずは冷やすことが大事です。
赤く炎症しているなら、冷やすことで熱をとることができます。

熱湯などでやけどをした時は流水で冷やすと言われますが、日焼けの場合はシャワーをかけたりして冷やすより、濡れタオルや保冷剤をタオルで包んだものなどで優しく冷やすほうがよいでしょう。

肌を保湿する

なるべく肌にダメージを与えないように、冷やした後はしっかり保湿しましょう。
化粧水だけだと蒸発して乾燥してしまいますので、保湿クリームなどもきちんと塗ってあげるとよいですね。
ヒリヒリしている場合は化粧水はしみることがあるので、しみない軟膏などがおすすめです。

また、「アロエ」は古くから傷の治癒や抗菌作用・美肌成分が含まれているとされ、アロエの化粧品やクリームがありますね。
薬局などで手に入りますので、手軽に日焼け後のケアをしたい方にはぴったりです。

水分を摂る

日に焼けて、肌も体もからからに乾燥している状態です。
しっかり水分補給をして内側からも、うるおしましょう。

ビタミンを摂る

肌のダメージを回復するにはビタミンを摂るとよいです。
ビタミンは肌をつくるために必要な栄養素なので、食べ物で体の中からも日焼けケアをしましょう。

日焼けケアにおすすめのビタミンなど栄養素と、含まれている食べ物は以下の通りです。

■ビタミンB2 細胞の再生を助ける【レバー・海苔・わかめ・納豆など】
■ビタミンB6 肌荒れを防ぐ【マグロ・にんにくなど】

■ビタミンC 肌の保湿と美白・コラーゲンを作り肌を丈夫にする
【アセロラ・パセリ・レモン・いちごなど】

■亜鉛 肌の新陳代謝を助ける【ごまなど】

ビタミンBは8種類あり、他にも肌によい成分がありますので、サプリなどで摂るなら「ビタミンB群」というのを摂るとよいでしょう。

一番大事なのはビタミンBとビタミンCです。

日焼けを防ぐ

日に焼けてしまってから慌ててケアをするより、日焼けを防ぐことができれば一番いいですよね。

日焼け止めを塗っていても日焼けしてしまうとか、日焼け止めを塗り直すことができないという場合は、飲む日焼け止めが人気です。

サプリなので安心して飲めて、日焼け止め成分の他にビタミンなどの美白・美肌成分も入っています。
【WHITE VEIL~ホワイトヴェール~】
は、モデルさんなどで使っているかたも多く、雑誌でも紹介されているサプリです。

飲むだけで一日中日焼けを気にしなくていいなんて嬉しいですよね。

>>飲むだけ簡単!人気モデル愛用中の太陽に負けないサプリ【ホワイトヴェール】

まとめ

日焼けは「やけど」なので、まずは優しく冷やすのが一番です。
シャワーなどではなく、タオルを巻いた氷や保冷剤などでゆっくり冷やしましょう。

ビタミンを積極的に摂って、肌の回復を促すとよいですね。