料理

わらびのあく抜きのやり方は?失敗しない方法って?重曹は?

春を代表する山菜の「わらび」。
生のままでは食べられませんので、ゆでてあく抜きをしないとなりません。

簡単なあく抜きの方法や、失敗してしまう原因などまとめました。

わらびのあく抜きのやり方は?

わらびは緑が鮮やかで味がよく、人気の山菜ですね。
山菜取りなどで採ってくる方もいますし、知り合いからたくさんいただくという事もあるでしょう。

わらびの調理に慣れていないと、食べ方もよくわからないという方も多いですね。

わらびは生では食べられませんので、あく抜きをする必要があります。
新鮮なうちにすることが大事です。

あく抜きの手順

準備するもの

■大きめの鍋(わらびが全部入るもの)
■落し蓋

■水
■重曹

下準備
根元の硬い部分や育ち過ぎた先の部分を取り除き、切り揃えて水洗いする。

茹で方

1.鍋にわらびがすっぽり入る量の水と重曹(水1ℓにつき小さじ1~2杯)を入れ、沸騰させる

2.沸騰したら火を止めてわらびを入れる

4.落し蓋などをしてわらびが全部湯に浸かるようにし、一晩(6~8時間)おく

5.あく抜きが出来ているのを確認し、流水でよく水洗いをする

6.水に浸して冷蔵庫で保存する

ワラ灰や木灰などの灰を使うとよいと言われますが、灰は手に入りにくいので、重曹を使ってもあく抜きができます。

重曹はお掃除用のものではなく、料理用の重曹を使った方がよいでしょう。
スーパーなら、お菓子作りのコーナーなどに置いてあります。

失敗しない方法は?

わらびのあく抜きの失敗例としては「あくが抜けない」「色が緑にならない」「べちゃべちゃになってしまった」などがあります。

失敗しないあく抜きのポイントは主に以下の2点です。

■重曹を入れ過ぎない
■ゆですぎない

ゆでても緑色にならない場合に考えられる原因としては、わらびを採ってから時間が経っている場合や、重曹の入れ過ぎなどがあります。
重曹を入れ過ぎるとべちゃべちゃになってしまいますので、入れ過ぎないように注意してください。

また、ゆで過ぎるとべちょべちょになってしまいます。
わらびはぐつぐつ茹でないように、気をつけてください。

あくが抜けたか確認するには?

あく抜き出来たかどうか確認するポイントは「切り口にねばりがあるかどうか」「苦み」です。

切り口にねばりが出ていればあく抜きが出来ている目安です。
また、置いて時間がたった頃、かじってみて苦みがあるかどうか確認してみましょう。

もし、苦みがあってあくが抜けていないようなら、水を入れ替えて3時間くらい冷水にさらしてみましょう。
あく抜きが完了したら、よく水洗いをします。

保存は?

あく抜きしたわらびは調理の際、再び茹でる必要はありません。
おひたしなど味付けをして食べられます。

すぐに食べないなら、容器に入れ水にひたしたまま冷蔵庫に入れて保存します。
水は毎日取り替えましょう。
だいたい1週間くらいもちます。

水気をきって保存袋に入れれば冷凍保存もできます。

まとめ

わらびのあく抜きは、沸騰した重曹入りのお湯にわらびを入れて熱を通し、一晩おきます。
ゆで過ぎたり重曹を入れ過ぎると、うまくいかないので気をつけてください。

上手にあく抜きをして、春の味覚を楽しんでください。