健康

春の花粉いつまで飛ぶ?症状が出る時期は?

花粉症というと、最近は秋や冬もあるといわれますが、一般的なのは春ですね。
春の花粉症の原因となる花粉はいつごろからはじまり、いつまであるのでしょう。

春の花粉いつまで飛ぶ?

一般的に「花粉症」といわれるものは春の花粉症です。
春の花粉症の主な原因は「スギ花粉」ですね。

その年の花粉の量によっても違ってきますが、敏感な方だと1月下旬頃から感じ始めるようです。
天気予報などで花粉の飛散情報が出始めるのは2月くらいからでしょう。

おおまかな花粉症の時期は2月~4月ですが、5月中旬まで花粉の量はまだまだ多いので注意が必要です。

したがって、スギなどの春の花粉がすっかり落ち着くと言えるのは6月ということになります。

地域によっても違ってきますので、詳しく見てみます。

症状が出る時期は?

東北・関東・東海・関西・中国四国・九州地域の花粉のおおまかな飛散時期をまとめました。
(北海道・沖縄にはスギがほとんど生育していないため、スギ花粉症はないとされます)

予防や対策の参考にしてください。

スギ花粉の飛散時期【ピークの時期を赤文字で表します】

■東北 1月下旬~2月下旬~4月中旬~5月初旬
■関東 1月下旬~2月初旬~4月いっぱい~5月いっぱい
■東海 2月中旬~2月下旬~3月中旬~4月中旬
■関西 2月初旬~2月下旬~3月いっぱい~4月いっぱい
■中国・四国 2月初旬~2月中旬~3月中旬~3月下旬
■九州 2月初旬~2月中旬~3月中旬~3月いっぱい

一番期間が長いのは、東京・埼玉・千葉などの関東です。

飛散は1月から増え始め、2月~4月に一気にピークが来ます。
そのまま花粉はなかなか抜けず、5月~6月のはじめまで残ります。

関東は、スギが生えている場所と地形の関係から花粉が溜まりやすくなっているため、花粉の量も日本の中で一番多く、症状も長く続く傾向にあります。

名古屋などの中部・東海は、関東などと比べると量は少ないですが、2月下旬から3月中旬のピークには多く飛びます。

大阪などの関西は、2月~3月がピークで4月までは続くようです。
5月に入ると、かなり減ってきます。

広島などの中国・四国、長崎などの九州地域2月はじめからピークになり、3月中旬まで続きます。
4月になると減り、5月にはほぼなくなってきます。

まとめ

春の花粉症の主な原因のスギ花粉の飛散は、一番長い関東で5月まで、それ以外の地域ではおよそ4月には収まってくると思ってよいでしょう。

その年の気候や花粉の量によって多少の違いはありますが、おおまかな時期は毎年同じです。

早めの対策で、症状を軽く抑えたいですね。