暮らしの知識

財布を買うなら春がいい?理由は?時期は?

春は財布を新調するのにいい季節と言われます。
その理由や意味は?

財布を買うなら春がいい?

春に買う財布は「春財布」と呼ばれ、縁起がいいと言われています。
その理由は

「春財布」⇒「張る財布」お金がいっぱいで財布が張る=「金運アップ」

というわけです。

いつ買うのがいい?

「春」といっても、いつからいつまで?と疑問に思いますが、春の定義は複数あり「新春」というように、年が明けたら春という説や「冬至をすぎたら春」「立春から春」など様々で、時期は少しずつ違います。

また、春の終わりは「3月3日の節句まで」という説や、「啓蟄まで」などこちらもいろいろあります。

はっきりとした決まりはないので、自分で「春」と思う時期に購入すればよいですが、

一般的に春財布を購入する時期として適当なのは

1月(新春)~5月立夏まででしょう。

夏までに買えば春財布ですね。

新しい年を迎え、年度が変わる時期でもありますので、新しい財布を買って気分一新するにはぴったりですね。
財布はまだ新しいので変えるのは早いという場合は、小銭入れや名刺入れなど「張る」と嬉しいものを新しくしてみてもいいかもしれません。

まとめ

財布を買い換えるなら「春(張る)財布」と言われ、春が縁起がいいといわれます。
5月までに購入すればいいようですので、ホワイトデーや入学祝いに贈ってみてもいいですね。