バレンタインチョコの予算は?学生社会人義理友チョコまとめ

バレンタインに贈るチョコの予算はどれくらいでしょう?
学生、20代30代などの会社員彼氏や義父、上司、義理チョコ、友チョコなどの予算をまとめました。

スポンサーリンク

バレンタインチョコの予算は?

年代や、渡す相手によってチョコの値段も変わりますね。
だいたいの目安の値段をまとめてみました。

学生は?

中学生や高校生などはお金もあまりないですし、チョコの予算は本命なら1000円くらい、義理はチロルチョコ1個~200円くらいです。

最近では、チョコはおまけ程度で別に品物をあげる人も増えています。
その場合は、チョコは300円~500円くらいのかわいいものにして、雑貨やファッションアイテムなど1000円くらいのものをあげる人も多いです。

大学生~20代くらいになると少し高くなってきますが、それでも一番多いのは本命で2000円~3000円くらい。

高くて1万円くらいです。

あまり高い物を貰っても、ホワイトデーのお返しが大変だと相手に思わせてしまうので、あまり頑張らない人が多いです。

手作りは?

親しい仲で、相手が「手作りチョコが欲しい」という事も稀にありますが、そうでない場合は、どちらかというと手作りはあまりおすすめしません。

いくら彼女といっても、素人が作った何が入っているか分からないものを食べることに抵抗がある人は意外と多いので、買ったものの方が無難です。

社会人なら?

30代40代50代の彼氏や上司などに贈る場合はどうでしょう。

30代以上の社会人でも、20代とあまり変わらず、本命でも2000円~3000円が最も多いです。
ただ、社会人になるとチョコにあまり重きを置かず、一緒に食事に行ったりチョコ以外のプレゼントを贈る方も増えます。

上司や義父の場合はあまり高い物だと向こうも気を使ってしまうので、500円~1000円くらいまでが妥当です。

普段お世話になっているなら、感謝の意味をこめて3000円くらいという方もいますが、こちらも人によって幅広くなっています。

会社で大勢に配る義理チョコなら、1個300円か400円くらいです。
また、下のような、たくさん入っている物を買って、ば~っと配るというのもありです。

友チョコは?

友チョコは、主に女子学生の友達同士で渡すもので、手作りチョコやクッキーを焼いたりする人も多いです。

クラスの友だちや部活関係など、渡す人や友達が多いと20個くらい作るという子もいます。

そのため予算も低く、500円以下、手作りなら200円~300円くらいが平均です。

まとめ

基本的には、あまり高いものはあげない人が多いですね。
本命でも義理にしても、貰った方はお返しをしないといけないと思うので、負担にならない程度に考えるとよいですね。

こちらも読まれています
スポンサーリンク

フォローする