料理

栗の茹で方■おいしくできるコツは?圧力鍋では?保存はどうする?

秋の味覚の1つといえば、栗があります。
栗をおいしく上手に茹でるにはどうしたらよいでしょう。
また、圧力鍋でもできるようですが、やり方は?

茹でた後の栗の保存方法についてもまとめました。

栗の茹で方

栗をおいしく茹でるにはいくつかポイントがあります。
一般的な茹で方を簡単にまとめました。

1.栗を水で洗い、半日~1日水につける
2.鍋に栗を入れ、浸るくらいの水と塩を入れる
3.火にかけて沸騰したら弱火にし、40分~50分くらい茹でる
(小さい栗なら20分~30分くらい)
4.茹であがったら、そのまま冷めるまで置いておく
(しっかり冷めたら取り出してOK)

塩を入れると味がよくなり、皮も剥きやすくなりますので、忘れずに入れてください。

ポイントは茹でる前に水につけることと、茹でた後すぐに取り出さないということです。
冷めるまで置くことで、えぐみがとれてしっとりおいしく茹であがります。

圧力鍋での栗の茹で方は?

圧力鍋で茹でるやり方のよい所は、時間が短くできるのと、皮が剥きやすくなるところです。
テレビでも何度か紹介されているのですが、やり方はいろいろあります。

一般的なやり方はこちら

1.圧力鍋に皮のまま栗を入れ、かぶるくらいの水を入れる
2.5分~6分加圧して冷ます

鍋に水をかけて冷ます「急速減圧」をすると、実と皮の間に隙間ができ、渋皮まで剥きやすくなるようです。

ただ、熱くて重い鍋を持つのも大変ですので、そのまま冷ますだけでもおいしくできます。

 

茹でた栗の保存方法は?

たくさん茹でて余ってしまった時は、密封容器などに入れ冷蔵庫で保存できます。
保存期間は2~3日くらいです。
そのままですとあまり長くはもちませんので、早めに食べましょう。

調理をすればもっともちますので、時間があれば煮たりするとよいですね。
甘露煮などにすれば、冷蔵庫で約2週間・冷凍庫で約1ヵ月はおいしくいただけます。

冷凍保存はできる?

すぐに食べない場合は、冷凍保存もできます。
皮を剥いてから保存袋などに入れて、冷凍しましょう。
渋皮まで剥いて、すぐに使える状態にしておくと便利です。

食べる時は再加熱をします。
解凍は必要ないので、凍ったまま調理できればして構いません。

d27dd277f9160bc4dc511411f03fc635_s

まとめ

茹で方のポイントを守れば、ほくほくのおいしい栗を茹でることができます。
ちょっと間違えるとパサパサになってしまうので、気をつけてくださいね。

いろいろな料理に使えますので、旬の時期においしくいただきたいですね。