ハロウィン

ハロウィンはいつ?由来と意味は?かぼちゃを飾るのはなぜ?

年々盛り上がりつつある「ハロウィン(ハロウィーン)」。
その由来と、かぼちゃを飾る意味などをまとめました。

ハロウィンはいつ?

ハロウィンは、11月1日のキリスト教の「諸聖人の日」の前夜である、10月31日に行われる祭りです。

メインは10月31日ですが、早いところは9月からイベントなどが始まりますし、ハロウィンは10月の祭りというイメージですね。

fb3c0a9c5670c50833953a1606c96a7b_s

ハロウィンの由来と意味は?

「ハロウィン」は正式には英語で「All Hallows’Even」(諸聖人の前夜)といい、「Halloween」はそれを短くしたものとされます。

意味は、「Hallow」は「神聖な」・「聖人」など+「eve」は「前夜」=「Hallow Eve」から、なまって「Halloween」となったとされます。

はじまりは?

ハロウィンの起源は古代ケルト人の秋の収穫祭だといわれます。

古代ケルト人の1年の終わりは10月31日でした。
この日は、あの世とこの世の境がなくなる日でもあるとされ、夜には死者の霊がやってきたり、悪霊が下りてきて悪さをすると信じられていました。
そのため、悪霊にいたずらをされないように追い出すための魔除けの火を焚いたり、仮面をつけていたりしました。
それが、ハロウィン祭りのはじまりであるとされます。

キリスト教の祭りではない

キリスト教の「諸聖人の日」の前夜ということで、キリスト教の行事だと思っている方も多いかと思いますが、そうではないようです。

ケルト人が行っていた10月31日の祭りは、元は「サムハイン祭」といわれていました。
その後キリスト教が普及したことにより、11月1日の「諸聖人の日」の前日の祭りとして、形を変えつつ親しまれるようになったとされます。

以前は宗教的な意味合いもあったようですが、現在ではそういったものはほとんどなくなっているようです。

ハロウィンが盛んな国は?

ハロウィンは世界中どこでも行われているわけではありません。
古代ケルト人の国であるアイルランドをはじめ、英語圏のイギリス・フランス・アメリカ・カナダなどで盛んです。

また、日本でも1990年後半ころから東京ディズニーランドでイベントが行われるようになったこともあり、知られるようになりました。
2000年代からお菓子メーカーの参入が始まり、仮装イベントなども行われ、クリスマスに次ぐ盛り上がりを見せつつあります。

ハロウィンにすることは?

英語圏では、子供たちが「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」 と「お菓子をくれないといたずらするぞ!」という意味のことを言って家々を訪ね、菓子を集めて回る習慣があります。
大人たちは訪れてくる子供たちのために、大量のお菓子を用意します。

また、仮装をして練り歩く由来は、農民が祭り用の食料を貰って歩いた様子を真似たものと言われています。
日本ではお菓子を貰いに家々を回ることは少なく、仮装をする日として独自に進化して定着しています。

そして、「ジャックオーランタン(Jack-o’-Lantern)」という、かぼちゃで作った提灯を飾ります。
オレンジ色のかぼちゃをくりぬいて顔を作り、中にロウソクを立て家の戸口などに置きます。
これは、死者の霊を導いたり追い払ったりする焚火に由来するといわれ、日本でいうお盆の迎え火・送り火に近い習慣です。

かぼちゃを飾るのはなぜ?

かぼちゃを飾るのは「ジャック・オー・ランタンの伝説」からきています。
「ジャック・オー・ランタン」を直訳すると「ジャックのちょうちん」となります。

5135a7159733a7a1c25a34d698314081_s

ジャック・オー・ランタンの伝説とは?

アイルランドに伝わる、ずる賢く怠け者のジャックという男のお話しです。

【伝説あらすじ】

ジャックが酒場で飲んでいる時、そこで出会った悪魔を騙し、姿を変えた悪魔を十字架で元の姿に戻れなくしてしまいました。
困った悪魔は、10年間ジャックの魂を取らないと約束しました。

10年後、悪魔がジャックの魂を取りに来たとき、再び悪魔は騙されて窮地に陥ります。
困った悪魔は、2度とジャックの魂を取らないと約束しました。

そして月日は流れジャックは死に、彼は悪いことばかりしていたので地獄に行く事になりました。

しかし、そこにいたのはジャックが騙した悪魔でした。
悪魔はジャックの魂を取らないと約束したため、彼は地獄に行く事はできませんでした。

天国へも地獄へも行けないジャックは、暗闇の中を彷徨うことになりました。
途方に暮れるジャックに、悪魔は地獄の炎の残り火を投げてくれました。
ジャックはそれをカブの中に入れランタンにし、闇夜を永遠に彷徨い続けているのです。

ランタンの呼び名は国よって違う場合もありますが、共通しているのはこの「暗闇を彷徨い続ける男の話」です。

そのため、ランタンの材料も元祖はカブです。
ハロウィンがヨーロッパからアメリカに伝わった時に、アメリカではかぼちゃが多く収穫されていたため、かぼちゃが使われるようになりました。

まとめ

漠然としていたハロウィンの由来が分かりました。
かぼちゃの飾りはハロウィンの定番ですが、由来は少し怖いお話しでした。