書き方例文

暑中見舞い例文■中学生から先生へ書き方は?内容とコメントは?

中学生には、学校の先生宛てに暑中見舞いを出すという課題もあるようですね。
出すとしたらどんな内容を書いたらいいでしょう。
文例も含めてまとめました。

暑中見舞いの時期は?

暑中見舞いを出す時期は

梅雨明け~立秋(8月7日ころ)の間です。

この時期を過ぎると残暑見舞いとして出します。

📌残暑見舞いの書き方はこちらの記事をどうぞ

残暑見舞い例文■中学生から先生への書き方は?中学生から先生への残暑見舞いの書き方についてまとめました。 残暑見舞いを出す時期は? 残暑見舞いは立秋(8月7日頃)過ぎ~8月末頃ま...

暑中見舞いの内容

どんな内容をどんな順番で書いたらいいのか、一般的なものは以下のようになります。

・「暑中お見舞い申し上げます」の挨拶
・先生の安否を気遣う言葉
・自分の夏の様子・出来事
・先生の体調を気遣う言葉
・夏休み明けもよろしくお願いします

この順番で書きます。

先生への暑中見舞い例文

例文を考えましたので参考にしてください。

暑中お見舞い申し上げます

暑い日が続きますが、先生はお元気ですか?
私は先日友達とプールに行ってきました。
よい天気だったので、とても楽しかったです。

まだまだ暑い日が続きますが、先生も元気に過ごしてください。
また9月からもよろしくお願いします。

平成〇〇年     盛夏   名前

暑中お見舞い申し上げます

毎日暑いですが、先生はいかがお過ごしでしょうか。
僕は部活と塾の毎日ですが、充実した夏休みを過ごしています。

まだ暑い日が続きますが、体調に気をつけて過ごしてください。
これからもよろしくお願いします。

平成〇〇年     盛夏   名前

最初の挨拶は「暑中お見舞い申し上げます」です。「暑中見舞い申し上げます」ではないので、間違えないように気をつけてください。
自分の近況のところは自由に変えて、個性を出してください。

📌他に体調を気遣うコメントとしては

・この暑さはしばらく続きそうです、くれぐれもご自愛ください。
・暑い日が続きますが、お体を大事になさってください。
・しばらくは暑さも続くようですが、体調に気をつけてお過ごしください。

などがあります。

「お体ご自愛ください。」と言ったりしますが、「ご自愛」というのは「ご自身の体を大事にして」という意味なので、「お体」は付けないのが正しい使い方です。

最後に「平成〇〇年 盛夏」と入れるのが正式な書き方ですが、中学生なので堅苦しくなりたくなければ、入れなくともよいでしょう。

一言入れるなら?

・9月に会えるのを楽しみにしています!
・夏バテに気をつけてくださいね!
・先生の授業を楽しみにしています!

など、ちょっと可愛らしいコメントを入れてもいいですね。

まとめ

敬語で堅苦しすぎるのもつまらない気がしますので、適度に親しみを込めた部分があってもいいですね。

出せる時期が意外と短いので、気をつけてください。