花火大会

熊野花火大会クルーズならここ!飛鳥のプランは?

熊野花火大会といえば、「熊野大花火大会」ですね。
海上自爆が有名で、人気の花火大会です。
優雅にクルーズ船から見る花火は格別です。
熊野大花火が見られるクルーズのまとめです。

熊野大花火日程

熊野大花火大会は毎年8月17日開催ですので、今年も同日に予定されています。

開催日時 平成30年8月17日(金)19:10~(予定)
会場:三重県熊野市 七里御浜海岸

船から投げ入れられる花火が海上で半円形に開く「海上自爆」をはじめ、フィナーレの「鬼ヶ城大仕掛け」は圧巻です。

岩場に置いた花火をそのまま爆発させるので、音と光の迫力は他では味わえないものです。

花火が見られるクルーズは?

norimono_ferry

「熊野大花火」観覧をスケジュールに組んでいるクルーズはいろいろあります。
主なものは「飛鳥II」や「ぱしふぃっく びいなす」「にっぽん丸」です。

2018年のクルーズ予約は開始されています。

「飛鳥II」でクルーズ

人気の豪華クルーズ船です。

飛鳥IIの熊野大花火を見られるツアー2017年は「鳥羽・熊野大花火クルーズ 3泊4日」
がありました。

横浜出航で、熊野大花火を船上で鑑賞できる贅沢ツアーでした。

>>飛鳥IIで行く 鳥羽・熊野大花火クルーズ 3泊4日

今年の飛鳥IIクルーズは8月11日から6日間の「阿波おとり・高松花火クルーズ 6日間」になっています。

>>飛鳥IIで行く 阿波おどり・高松花火クルーズ 6日間

「ぱしふぃっく びいなす」でクルーズ

ぱしふぃっく びいなすのクルーズ2017年は「ぱしふぃっくびいなす号で行く 熊野大花火と南紀クルーズ 3泊4日 -横浜発着-」2017年8月16日出発でした。
横浜出航で、夜空に上がる花火を750㎡のゆったりとしたデッキから観賞できます。

>>ぱしふぃっくびいなす号で行く 熊野大花火と南紀クルーズ 3泊4日 -横浜発着-

今年のプランは、確認でき次第更新予定です。

「にっぽん丸」でクルーズ

「にっぽん丸で行く 四日市発着 夏休み 熊野大花火と徳島クルーズ 3日間」
こちらは2泊3日のお手頃プランです。
四日市港発で、小松島寄港で鳴門のうず潮や世界初の陶板名画美術館、「大塚国際美術館」なども楽しめます。
特徴は、おいしい料理と、きめ細かなおもてなしです。

>>にっぽん丸で行く 夏休み 熊野大花火大会と徳島クルーズ 2泊3日 -四日市発着-

外国船プラン

人気のクルーズは予約が取れないことでも有名です。
日本発着の9泊や8泊の外国船クルーズプランもあります。

【4/19発表!】「2018年 ダイヤモンド・プリンセス号で行く 熊野大花火と夏の日本南国めぐり・韓国 8日間 -横浜発着-」

こちらは2018年8月15日横浜港より出発の8日間のプランです。
熊野大花火と韓国釜山などへも足を延ばす、盛りだくさんプランです。

>>2018年 ダイヤモンド・プリンセス号で行く 熊野大花火と夏の日本南国めぐり・韓国 8日間 -横浜発着-

他にもいくつかありますので、以下よりチェックしてみてください。
>>ベストワンクルーズ

まとめ

飛鳥などは人気ですので、早めにチェックを!
大切な人や家族と素敵な時間を過ごしてください。