花火大会

高松まつり2018イベントは?花火大会はいつ?穴場観覧場所って?

四国の四大祭りの一つとして、人気の「高松まつり」について。
中央公園「お祭り広場」でのイベント内容と、花火大会「どんどん高松」を見るのにおすすめな情報も。

高松まつりはいつ?

今年の高松まつりの開催日時は以下です。

開催期間

平成30年8月12日(日)~14日(火)

 ◆12日が荒天の場合、中央公園お祭り広場のイベントは、一部スケジュールを変更して実施。
 ◆13日が荒天の場合、中央公園お祭り広場のイベントは、一部スケジュールを変更して実施。花火大会は中止。
 ◆14日が荒天の場合、総おどりは中止。
  (引用:高松市公式ホームページ)

例年、12日~14日の3日間開催ですので、今年も同じですね。

以前は「荒天の場合は花火大会は15日に延期」でしたが、昨年から中止になっています。

お祭りのイベントはなにがある?

中央公園「お祭り広場」では、お祭り期間、芸能人などが出演する様々なイベントが行われます。

今年の主なものは以下の通り。

■8月12日(日)
午後9時から午後9時30分まで
スペシャルライブ「植村花菜」
午後9時30分から午後10時まで
スペシャルライブ「清水アキラ」
■8月13日(月)
午後9時から午後9時30分まで
お笑いライブ「テツandトモ」
午後9時30分から午後9時50分まで
お笑いライブ「小島よしお」
■8月14日(火)
午後6時20分から午後6時40分まで
STU48スペシャルステージ
【出演メンバー】
門田桃奈、榊美優、菅原早記、兵頭葵、藤原あずさ、森香穂
※出演メンバーは体調不良等の理由により、予告なく変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

他にも、カラオケや総おどりのイベントなどありますので、詳細はHPをチェックしてみてください。

>>中央公園「お祭り広場」スケジュール

屋台は、サンポートよりもこちらの中央公園のほうがたくさん出ています。

花火大会はいつ?

見てよかったと人気の花火大会「どんどん高松」は毎年13日に開催されますので、今年も同じです。

平成30年8月13日(月) 20:00~20:50 に打上です。

打上場所はサンポート高松北沖合海上。
観覧場所はサンポート高松があります。

特別有料観覧席って?

「特別有料観覧席」というものがあり、昨年は【サンポートホール高松7階・8階「屋上広場」会場】と【高松シンボルタワー タワー棟8階「屋上広場」会場】の2つの会場がありました。

(出典:高松市公式HP)

例年、サンポートホール高松7階・8階「屋上広場」会場特別有料観覧席は7月頃には完売になってしまいます。

高松シンボルタワー タワー棟8階「屋上広場」特別有料観覧席なら、席の余裕はあるかもしれません。

全国のJTB店舗などで取り扱っていますのでチェックしてみてください。

特別観覧船情報について

花火大会に合わせて観覧船によるツアーがたくさんあります。
船の上から見る花火は迫力です。
最高の特等席から見る花火、贅沢ですね。

特別観覧船情報詳細は、高松市公式ホームページの「高松まつり」のページから見られるようになると思いますので、各フェリー会社に問い合わせをしてみてください。

穴場は?

レストランなどで食事をしながらゆったり見るなら「花樹海」がおすすめ。
少し遠いですが、高台なので綺麗に見えます。

フェリーなら、小豆島-高松間です。
昼間は小豆島で遊び、花火の時間帯に合わせて最終便の高松行きフェリーに乗れば、花火見物にもってこいのシチュエーションです。

この時期この時間帯にフェリーに乗る人は、花火目当ての方がほとんどですので、早めに甲板に出てよい場所を確保してください。

まとめ

四国で人気の「高松まつり」です。
イベントや花火大会、総踊りなど、盛りだくさんのお祭りですので、たくさん楽しめるといいですね。

(参考・引用:高松まつり公式ホームページ