芸能情報

『科捜研の女』公式twitter炎上?原因は?中の人は交代しないの?

毎週木曜夜8時から放送の『科捜研の女』。
今年はテレビ朝日開局60周年、シリーズ20周年の1年間放送というとても大事な年になっています。

1年間放送を機に『科捜研の女』公式ツイッターが開設されたわけですが、それがなにやら物議をかもしているようです。

どうして話題になっているのか、その原因や理由をまとめてみました。

『科捜研の女』公式ツイッター炎上?

実は私も『科捜研の女』のファンで、かなり初期からずっと視聴していました。

今年は1年間放送ということで、「それは凄い!嬉しい~!!」と喜びました。

『科捜研の女』は、今までは公式ツイッターはなかったんですね。
科捜研の女ファンとしては寂しい状態であり、今回公式ツイッターができたことはとても嬉しく、楽しみでありました。

『科捜研の女』公式ツイッターとは

『科捜研の女』公式ツイッターは普通のドラマの公式ツイッターとは少し違い、運営しているのはスタッフなどではなく、「科捜研の女の一ファン」という、部外者となっています。

「公式」と言ってはいるものの、『科捜研の女(をみる女)』ということで、一ファンが運営するという珍しい形になっています。

どうしてファンが運営しているの?

詳しい経緯は分かりませんが、プロデューサーがスカウト?したようです。

ファン目線で、視聴した感想などをツイートして盛り上げていこうといった意図のようです。



炎上の原因は?

ツイッター開設当初は、割と落ち着いて番組の感想や出演者の方の情報をツイートしていて、特に問題はなかったように思います。

雲ゆきがおかしくなってきたのは相馬君が出演した第3話あたりから・・・。

そしてついに第6話でフォロワーの不満が爆発した感じがあります。

第6話放送後、公式からお詫びツイートがありました。

ツイートへのリプだけでなく、いろいろと意見が届いていたようですね。

個人的に思ったのは、6話のリアルタイム実況のツイート内容のテンションがちょっとよくなかったのかなと思います。

特にこれ

公式なのに「ムカつく!!」はないかなぁ~。

「一緒に楽しむ」といっても、感情のままにツイートするのはやはり公式らしくないですし、自分より感情的になって盛り上がっている人を見ると逆に「落ち着こうよ」と思って、しらけちゃうところありますよね。

炎上した主な理由はこちら。

  • 中の人がマリコさんを「マリコ様」や「姫」と呼ぶ
  • 鑑定シーンの音楽が流れるところをダンスシーンと言って、踊っている顔文字を羅列する
  • リアタイツイートにネタバレがある&興奮しすぎなツイート
  • 「w」や「笑」の多用
  • マリコさん推しが強く、公式らしくない
  • 土門さんの誕生日はスルーしてマリコさんの誕生日は盛大に祝う

詳しく解説していきます。

マリコ様と呼ぶ

中の人はどうやらマリコさんのファンのようで、ツイートの中でも「マリコ様」や「姫」と呼んでいます。
これが、「公式らしくない」「様ってなに」と不快に思う人がいるようです。

マリコさんが主役ではありますが、様を付けて呼ぶのは公式らしくないとは思いますね。

鑑定シーンに絵文字

ドラマの中でマリコさんたちが鑑定するシーンがあり、そこで毎回決まった音楽が流れますね。
そこをなぜかダンスタイムと言って、踊っている絵文字をただツイートしています。

これが不評!

私も「これはどうなの・・・」と思いました。

炎上といっても、それほど大げさではないと思いますが、不満が出ているのは確かなようです。



番組公式ツイッターらしくない

不満が出てしまう原因を全体的にみると「公式らしくない」という点なのかなと思います。

いい意味でらしくないならいいですが、悪い方向で公式らしくないというのが残念な点です。

一ファンが運営しているということなので、普通の公式ツイッターとは違うのは分かりますが、「公式」と名乗るからには最低限のことはあってもいいのではないかと思います。
そうでなければ公式の意味がないですし、番組を盛り上げるツールである意味がないですよね。

おかしな相関図

番組公式ツイッターといえば、番組の情報だけでなく、出演者のツイッターのリツイートや、ゲスト出演者の「出演します!」というツイートをリツイートしたりもしますよね。

そういったことがほぼなく、手作りの相関図を作ってアップしてみたり、手作りケーキをアップしてみたり・・・。

相関図については私も「え?」って思いました。

完全に自己満足の世界で、❤だらけの装飾過多ですし、文字もいろんな色を使いすぎで読めないし読みづらい。
全然訳が分からない上に間違いもあるようで、「これをアップする意味って何?」と思ってしまいました。

『科捜研の女』ファンが公式ツイッターに求めているものはこういうことじゃないですよね。

例えば、普段見られないオフショットとか、裏話とか・・・。
そういうものを期待していたのに・・・。

ファン歴が浅いというのは驚き・・・。

ちょっと落ち着きと品がないな・・・というのは正直な感想です。

科捜研の女は歴史が長く、年配の方や男性女性共に作品を愛している方が多いドラマです。

内容についても、考えさせられるものや、深いストーリー、重いものもあるなかで、公式ツイッターがきゃぴきゃぴしているのは違和感がある気がします。

気に入らないなら見なければいいという意見もあります。
それはごもっともとは思いますが、やはり科捜研の女ファンとしては見過ごせない気持ちもわかります。

中の人は交代しない?

今のところ、交代といった様子は見受けられません。
春クールが終わったので、夏から変えてほしいという声はあります。

ですが、謝罪ツイートで「こんな序盤でやめてしまっては本当のファンとは言えない」と書いていますし、今のところ継続されていくようです。

もちろん、批判している人ばかりではなく、ツイートを楽しんでいる人もいますし、応援している人もいます。

ですが、公式ツイッターというのは好意的な意見があるのが普通で、批判を受けるということ自体、珍しいことです。

科捜研の女ファンとしては、作品が好きだから公式ツイッターに不満を言って番組を汚したくはないですし、ツイートを見たくなければミュートやブロックをして静かに見守りたい、純粋に作品を楽しみたいという気持ちはあります。

実際、そうしている人も増えているようです。

20周年に泥を塗るようなことにならないよう、公式ツイッターがあまり暴走しないことを祈ります。