ファッション

【CMで話題】フェリシモの裏ボアパンツって?ストレッチはある?はき心地は?

「表ボア」「裏ボア」と、印象に残るCMで話題のフェリシモの裏ボアパンツ。
裏地にボアが付いてあったかいというパンツです。
裏ボアテックですっきりって気になりますよね。

フェリシモの裏ボアパンツについて検証しました。

フェリシモの裏ボアパンツって?

「裏ボアがあたたかそうだなぁ~」と、とっても気になるCMで話題のパンツです。
「姿勢がよくなるブラ」もそうですが、フェリシモのCMは、つい欲しくなってしまう感じがあります。

この「裏ボアパンツ」はその名の通り、裏にボアがあるパンツです。

こあこ
こあこ
そんなの驚かないよ。

なんて思う方もいるかもしれません。

最近はあったか衣類がたくさん登場していますから、内側がもこもこした似たようなパンツはたくさんありますよね。

では、フェリシモの裏ボアパンツのなにが凄いのでしょう

はな
はな
それは
  • 風を通しにくい
  • ストレッチがある
  • 裾をブーツに入れられる
  • ボアがあるのにすっきりしている
  • 真冬でもこれ1枚で大丈夫
  • 裏ボアパンツに見えない素材とデザイン

フェリシモの裏ボアパンツは、表の生地の裏側に風を通しにくいコーティングがされているので、風が強い真冬でも一枚であったかです。

しかも、ボアがあるのにストレッチがあって伸び縮みするので、はき心地がとってもいいんです。

風を通さず中がもこもというと、伸びない生地でがさがさするパンツもありますが、そういうものはおしゃれじゃないですし、はく機会も限られてしまいます。

はき心地において、ストレッチってとっても大事ですよね。

また、すそに向かってしゅっとした作りになっているので、ブーツインもできるのが嬉しいところです。

裏ボアでも太って見えないデザインになっているので、普通のパンツのようで実はあったかいという、寒くてもおしゃれでいられるパンツです。

フェリシモ「コレクション」

デメリットは?

裏ボアパンツは温かくてよいのですが、デメリットといえば以下の様な面があります。

・厚いので収納に場所を取る
・乾きにくい
・やや太めには見えてしまう

ボアがあるので、パンツ自体はちょっとかさばりますし、洗濯の時は乾きにくいということはありますね。

極力、もこもこするのを抑えてはいますが、普通のジーンズと同じというわけにはいかないので、多少太目には見えますが、ほとんど気にならない程度です。

裏ボアパンツはこんな人におすすめ

フェリシモの裏ボアパンツがおすすめの人、またはこんな場面にぴったりという例です。

はな
はな
こんな人におススメ!

・重ね着が嫌いな人
・冬場の外仕事が多い人
・バイクや自転車に乗ることがある人
・子供のサッカー野球など習い事の応援をするママさん
・登山や北海道など寒い地方の旅行や、その地域の方に

1枚で温かいので、とにかく寒いところに行く時、または寒い地域に住む方におすすめです。

はく時にひやっとしないですから、真冬の朝の支度も気持ちよくできます。
女性は特に下半身から冷えますので、簡単に温かいのはとても助かりますね。

定期便じゃないの?

フェリシモというと、登録すると毎月届くというイメージがありますが、裏ボアパンツは「ジャストワン」なので、1本から申し込むことができます。

色は「デニム」「ブラック」「カーキ」「ベージュ」と豊富なので、好みのものが見つかると思います。

フェリシモ「コレクション」

📌デニムはこちら
>>フェリシモ リブ イン コンフォート ぬくぬく包まれるしあわせ裏ボアパンツ〈デニム〉

📌ブラックはこちら
>>フェリシモ リブ イン コンフォート ぬくぬく包まれるしあわせ裏ボアパンツ〈ブラック〉

📌カーキはこちら
>>フェリシモ リブ イン コンフォート ぬくぬく包まれる しあわせ裏ボアパンツ〈カーキ〉

📌ベージュはこちら
>>フェリシモ リブ イン コンフォート ぬくぬく包まれるしあわせ裏ボアパンツ〈ベージュ〉