健康

ヒステリー球ってなに?どんな人がなるの?治療はどうする?

喉になにかある、または喉が詰まるような感じがすることはありませんか?
「ヒステリー球」という言葉は耳慣れませんが、意外と症状がある人は多いようです。

ヒステリー球とは

ストレスや不安などで自律神経が乱れ、喉の筋肉が緊張することによって起こる症状といわれます。
精神的なものからですので、検査をしても身体的な異常は見られない場合をいいます。

具体的な症状は

喉の違和感
■喉になにか詰まっている
■飲み込みにくい

などがあります。

咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)や、「咽喉頭食道異常感症」、「咽喉頭神経症」とも呼ばれ、内科的には、喉に球があるような感覚から、「ヒステリー球」という名前がついたともいわれます。

445224

なりやすい人

どんな人でもなる可能性はありますが、特徴的なもの

心配性
■真面目
■不安が強い
■几帳面

などといわれます。

また、10代~20代の若い女性に多いようです。

自分でも気づかないうちにストレスを感じていて、「ヒステリー球」になっていて、おかしいな・・・と思いつつも、原因が分からないまま過ごしている方も多いかもしれません。

 

日常的な症状

心配事や不安が長期間続いたり、強い不安などがあった時、なんとなく喉仏の下あたりを押されているような感じがする・・・と思ったら「ヒステリー球」かもしれません。

息苦しくはないけれど、喉が詰まる感じがして吐き気がしたりもします。

症状が出たり収まったりする場合もありますし、ずっと続くと外出もままならず気持ちが落ち込んだりすることもあるでしょう。

 

病院に行きましょう

「ヒステリー球」なら内科か心療内科ですが、まずは内科に行って身体的な問題がないか、きちんと診察してもらいましょう。

特に問題がなければ、ストレスからきていると判断されると思いますので、「気持ちを落ち着けたり不安を和らげる薬」を処方されると思います。

薬もいろんな種類がありますので、先生とよく相談しましょう。
症状が出そうな時にだけ飲む、頓服のようなものもあります。

ストレスがなくれば症状も出なくなると思いますので、なるべくなら弱い薬で落ち着けるのがよいですね。

まとめ

仕事や育児など、悩みや不安は誰にでもありますよね。
ストレスはいろんな形で表に出てくるので、上手に発散して体に負担がかからないような生活を送りたいですね。