恋愛

会話が苦手でも好きな人の印象に残る方法|その他大勢を出し抜く秘策はこれ!

大勢で話している時にどうしても目立てないってことないですか?
好きな人にこっちを見てほしいのに、元気な女の子の陰に隠れてしまい、気づいてもらえないって悲しいですよね。

だからといって、ぐいぐい積極的に話したりするのも苦手だったり、自分のキャラじゃないって思う人も多いと思います。
そんな時に、さりげなく自分に注目してもらえて、しかも好印象を残す方法をまとめます。

会話が苦手でも好きな人に印象づける方法は?

1:1なら話せるけれど、大勢になると話せないって人意外と多いですよね。

私もそうで、1:1なら相手の反応とかがよく分かるし、自分の話もきちんと聞いてもらえるから気軽に話せるのだけど、大勢となるといろいろな人の反応とか「どう思われているかな?」なんてことが気になって聞き役になってしまいます。

聞き上手も好かれますので、友達同士の会話であればそれでもいいと思いますが、好きな人がそこにいたら「こっちを見てほしい」とか「なんとか覚えてもらいたい」「印象に残りたい」と思いますよね。

うさ
うさ
少しでも話せたら、その日一日幸せ❤

そんな時に、会話が苦手なおとなし目女子ができる唯一最強の方法は”誰よりも先に会話に反応すること”です。

詳しく説明します。

誰よりも先に反応する

”誰よりも先に会話に反応する”とは、好きな人が笑って欲しいなという発言の後に、誰よりも早く笑う事です。

誰しも、自分が話した内容に対して反応があるかどうかは意外と気にしているものです。
スルーされたら悲しいですよね?

ウケを狙ったことを言った後というのは「ウケるかな?」「誰か笑ってくれるかな?」と、さらに反応に敏感になっています。

そんな時の一瞬の沈黙のところで、誰かが笑うより先に「ふふっ」とか「ぷっ」という可愛い感じで声を出して笑うのです。

そうすると、彼の視線はあなたに向けられます。

くまお
くまお
笑ってくれた!なんていい子なんだ!! 

って感じですね。

始めの一声をゲットできれば、ほぼ確実に彼はこっちを見てくれます。
そこで、「おもしろい~」とか感想をはっきり言葉に出してかわいく笑っていれば、かなり好印象を与えることができます。

ここで、彼の脳内では(この子は俺の話をきちんときいてくれて、共感してくれる子だ)という風にインプットされます。
そして、その後はこっちを見て話を続けてくれたりします。

笑い方のコツ

笑う時はなるべくバカにした感じにならないように、視線をそらしつつ「あは」とか「ふふ」「ぷっ」という感じでかわいく笑うのがコツです。
内容によっては「あはは」でもいいです。

きとんと相手に聞こえるように、最初の1字くらいは少し声を張って出すといいですね。

そして、できれば笑う瞬間は相手の目は見ない方が、ジラし効果も出ていいかもしれません。

私はこの方法を無意識にやっていました。
(そして、その間の20代前半は人生最大のモテ期でした(笑)

大勢で話していて、この人にとって(今、笑って欲しい場面だな)と、分かる時ってありますよね。
そんな時に相手が喜ぶことをするというのは、誰でもできそうでできないことなんですね。

つまらなくて誰も笑わない中笑ってあげると、凄く嬉しそうにして次からは向こうから寄ってきて話しかけてくれるようになりました。

タイミングと話しの流れを読むのは難しいかもしれませんが、相手の話をよく聞いて空気を読んでここぞという時に秘策を繰り出して、彼の視線をゲットしてください。

結論

会話が苦手な人は、相手がウケ狙いの事を言ったタイミングで、誰よりも早く声を出して笑う事で相手の視線をこちらに向けることができます。
そこから相手の自分に対する印象もよくなるので、次は1人でいる時に話しかけてもらえるかもしれません。