暮らしの知識

キロバイトとメガバイト大きいのはどっち?違いはなに?スマホを軽くしたいなら?

KB(キロバイト)とMB(メガバイト)、どっちが大きいか悩む事ありますよね。
スマホの容量がいっぱいで、どのアプリを消そうかなぁと思っている時に、「キロバイトとメガバイトのどっちを消したら効果があるんだろう?」とか思ったりします。

そこで、キロバイトとメガバイトの大きさとその違いをまとめました。

キロバイトとメガバイト大きいのはどっち?

結論からいうと、キロバイト(KB)とメガバイト(MB)ではメガバイト(MB)の方が大きいです。

キロバイトやメガバイトは、データの大きさやデータを記録できる容量の大きさを表した単位です。

バイト(B)、キロバイト(KB)、メガバイト(MB)、ギガバイト(GB)、テラバイト(TB)と種類があります。

違いはなに?

1Bは1文字分です。
1Bの1024倍が1KBで、文字中心のデータはKBの場合が多いです。

うさ
うさ
K(小人)B(バッグ)と覚えよう

1KBの1024倍が1MBです。
1024KB=1MBということですね。

ぞうすけ
ぞうすけ
M(マンモス)B(バッグ)と覚えよう

1つの単位の差が1000倍というのが凄いですが、画像や映像はたくさんの情報を扱うので、単位が大きくなります。

そのため、メモリの空き容量を増やしたいならばMBのアプリを消去するのがよいでしょう。

うさ
うさ
もちろん、必要なものは消さないようにね

まとめ

キロバイトとメガバイトなら、メガバイトのほうが1024倍大きいです。

よく目にするのはKBは3桁の300KBとかで、MBは2桁の50MBくらいだったりするので、数が大きいほうが大きいのかと思いがちですが、単位の意味を理解して使うようにするとよいですね。