健康

梅雨の時期の体調不良の原因って?うつとは違うの?対策は?

梅雨の時期になんとなくだるい・気持ちが落ち込むってことありませんか?
その理由と、対策についてまとめました。

梅雨の時期に出る症状として

■だるい
■頭痛
■なんとなく憂鬱

などなど、ちょっとおかしいな?という不調を感じる人は多いようです。

それらは気のせいではなく、きちんと名前があります。

一般的に「気象病」「梅雨だる」などといわれています。

 

梅雨の時期の不調の原因は主に

■日照時間
■気圧
■湿度

があげられます。

梅雨の時期は毎日雨で薄暗い・・・ということありますよね。
雨だから一日家にいる、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

人は太陽の光を浴びて自律神経のリズムを整えています。

陽にあまり当たらないと、体をコントロールする機能がうまく働かず、ホルモンバランスが崩れ、だるさや気分の落ち込みなどの症状が出るとされます。

また、気圧が低いということは空気が薄いということなので、体が休もうとして眠くなったりやる気が出ない原因になります。

湿度も、人の身体に与える影響が大きいといわれます。
湿気が高いと、頭痛や気管支炎などの症状が酷くなると言われ、
喘息の場合も、雨だと症状が出る方が多いといわれます。

梅雨の時期だけでなく、雨の前の日や雨の日に、頭痛がしたり体がだるかったりする方も多いですね。

それらも気圧の影響とされています。

また、季節の変わり目で寒暖差があるので、それに体が追い付いていかず、リズムが狂うことで体調不良になるようです。

そういったことから、気象の変化で体調に影響が出るのは自然なことだと言えます。

季節的なものなので、不調も短期間的なものだと思ってよいでしょう。

しかし、落ち込み過ぎると浮き上がってくるのも大変になってきますので、自覚をして対策をとりましょう。

自律神経を整えるには

「梅雨だる」に効果的なのは

■朝日を浴びる
■適度な運動・ストレッチ
■夜はぬるめのお湯につかる

などです。

これといって特別な事はなく、規則正しい生活で自律神経を整えることが大事になります。

朝日を浴びると体が目覚めるので、うつ症状には効果的です。

眠くなってしまう場合は、昼食後にコーヒーや紅茶を飲むと頭が冴えます。
また、ビタミン剤も効果的といわれます。

まとめ

人間の身体は気象に敏感です。
体に悪い所がないなら、「天気のせい」と分かっているだけでも、気持ちが楽になる気がします。