芸能情報

PRODUCE48(プロデュース48)ランキングの決め方って?3話からのグループバトル審査方法は?

6月15日の放送開始から、毎週金曜日23時より放送されているPRODUCE48(プロデュース48)。
放送も3回を終え、番組内容も本格的になってきました。

ランキングもすでに3回発表されています。
そこで気になるのがオフィシャルランキングの付き方やAクラスなどの意味です。
また、3話から始まったグループバトルの審査の方法や仕組みについても分かることをまとめました。

PRODUCE48(プロデュース48)ランキングの決め方って?

プロデュース48では、毎週ランキングが発表され、最終的に日韓の国籍は関係なく12人がデビューするとされています。

ランキングは視聴者からの投票で決まるもので、日本からは投票することができません
「韓国に行けば投票できるのか?」と思いますが、投票には本人認証などが必要なので韓国人のみが投票可能となっています。

日本人メンバーはすでに日本でデビューしており人気があるため、韓国人練習生との公平を期すためこのような方法になったようです。

投票期間は2018年6月15日 23時10分~2018年7月7日 11時まで。
投票はM-netのHP・Gmarket(ジーマーケット)のオンライン投票、収録現場受付の3つになっています。
上記で投票された数字を合計して、ランキングが更新されます。

レベルとは

2話まではレベルテストが行われ、トレーナーが練習生を評価してクラス分けされました。

クラスはA~Fまであり、Aが一番高い評価です。

その後「ネッコヤ-PICK ME-」の韓国語・日本語の歌詞とダンスを覚えてパフォーマンスし、再評価後のクラス分けが3話で発表されました。

AクラスからFクラスに落ちてしまったり、逆にFクラスからAクラスにジャンプアップする練習生がいたりと、変動が激しかったです。

クラスによって何が違うのかと言えば、練習の時のウェアが違います
Aクラスは背中に「A」と、キラキラした文字が入っていてかわいいピンクの練習着です。
逆にFクラスは地味なグレーです。

また、お披露目曲「ネッコヤ-PICK ME-」のセンターは、Aクラスの練習生の中から選ばれます
B~Fクラスの練習生は候補にすら挙がることはできません。
しかもFクラスはステージに上がれません。

センターはB~Fクラスの練習生の投票で決定します。

3話では、イ・カウンさんとの決選投票で宮脇咲良さんがセンターに選ばれました。

グループバトルの審査方法については以下へどうぞ

あわせて読みたい
PRODUCE48(プロデュース48)グループバトル評価って?審査方法は?PRODUCE48(プロデュース48)の3話からのグループバトルの審査方法や仕組みについてまとめました。...