子どもの続く微熱の原因は?思春期の特徴は?

微熱が続く原因には様々なものがありますが、特に思春期または成長期(小学校高学年から中学生)特有の症状について、実体験をもとにまとめました。
同じような症状のお子さんがいらっしゃる方に、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

子どもの続く微熱の原因は?

微熱が続く場合は、まずはきちんと病院で診察してもらうことが重要です。
風邪や肺炎など病気からのものもありますが、風邪症状(喉の痛み、咳、鼻水など)が特にない場合は、成長期特有のものも考えられます

そのポイントは

・症状は主に頭痛と微熱
・風邪のような症状はない
・診察や検査で異常がない

こういった場合、たいてい医者は「様子をみましょう」と言う場合が多いです。
ですが、親としてはどうしたらいいのか分かりませんし、学校に行けないくらいの場合は先が見えないと不安になりますね。
そんな時の参考になればと思います。

春から夏に起こる微熱

私の息子は小学校中学年から高学年になるにつれ、5月頃になると体温が高く頭が痛いということがあり、熱を測ると37.5度や高い時で37.8度くらいあることがありました。

熱は日によって上がったり下がったりはあるものの、だいたい2週間~1ヵ月くらい続きました。

ただ、微熱とおそらくそれによる頭痛があるだけで、風邪っぽい感じはなく。
病院にも行き、血液検査もしてもらいましたが、異常はなし

その時は、季節の変わり目でもあるし疲れなどからくるものだろうということで、様子を見ることになりました。
無理をしなければそれほど酷くもなく元気にしていて、秋頃にはいつのまにか微熱はなくなっていました

中学1年の春(12歳)

中学1年生の春は、5月ころから時々微熱がある日がありました

中学生くらいになれば、少しくらい微熱があっても元気にしてる場合は、そのうちよくなるだろうと思って様子をみることもあると思います。

正直なところ、子どもは疲れるとよく熱を出したり具合が悪くなるものなので、今までの春先の熱も(なんだろう?)と思いながらも、検査をしても異常はなくそのうち元気になっていたので、深く関連付けて考えていませんでした。

お恥ずかしい話ですが、中1のこの時になって、(そういえばいつもこの時期に微熱を出していたな・・・)と、ひらめいたのです。
この時にやはり(成長期だからかな?)と思いました

はじめは風邪っぽい感じはないし(疲れかな・・・)と思っていましたが、休んでも治らないことから、病院に行きました

この時も、診察をしてもらったものの、特に異常はなし
血液検査をして欲しかったのですが、今の状態ではやりようがない等言われ、「1週間、体温を測ってまた来てください。」と言われました。

先生が言うには、一日のうちでずっと熱があるのか、それともなにか一定の条件の時に熱が上がるのかというのを見極めたかったようです。
(例えば朝だけ高いなら、学校に行くのが嫌で熱が出ている可能性があるとか・・・)

(え?!)って感じです。
先生の言い分も分かりますが、今困っているから来ているのに、血液検査もしてくれないのか・・・と思いました。

結局その日は解熱鎮痛剤をもらい、帰宅

1週間熱の様子を観察しつつも、その先生は感じが悪かったため、違う病院に行くタイミングを見ているうちに収まってきました。
結局、暑い日に無理をしないようにしていつの間にか気にならなくなっていました。

もし、今微熱が続いて病院を受診しようか考えている場合は、最低でも朝と夜の熱を毎日測って記録しておくとよいかと思います。

中学2年の春(13歳)

中学2年生の春先は特に酷くなり、頭が痛くてだるくて熱を測るとやはり37度後半が続き、学校を休む日が多くなりました

この時は、微熱と頭痛で学校を1日おきに休んだり、遅刻して行ったりとしていたので、(前回とは違う)病院へ行きました。

そこで言われたのはやはり「風邪症状はないし、成長期の子によくあるものですね」ということでした。
成長期には体のバランスがうまくとれずに、こういった症状が出る子も多いようです。

やっぱりそうかと思いましたが(・・・で、結局はどうしたらいいか)といえば、様子を見るということしかありませんでした。
頭が痛い時は頭痛薬を飲み、熱が高い時は解熱剤を飲むということです。
そして無理をしないように、水分をしっかり摂って、規則正しい生活を送る等。

結局出来ることはそれだけなのか・・・という思いでした。

ちなみに、別の病院でも診てもらい、血液検査もしましたが、異常はありませんでした。
微熱が続くことで考えられる病気としては甲状腺の異常があるとのことでしたが、そちらも問題はありませんでした。

結局、中2の時には37度以上の微熱は断続的に2ヵ月くらい続き、毎日軽い熱中症のような症状だったのだろうと思います。

この時は、どうしてもツラい時は薬を飲み、なるべく涼しい服装、なるべく早寝を心がけていました。
そして、秋になるころには気にならなくなっていました

その後

現在は中3(14歳)ですが、今のところ1回も学校を休むことなく元気に生活しています
これから本格的に暑くなるとどうかは分かりませんが、今まではGW明けが一番不安定だったので、その時と比べると全く違うように思います。

生活の中で以前と違う事といえば、「R-1」を飲むようになったことくらいかと思います(笑)
(単に成長して落ち着いてきただけかもしれませんし、「R-1」が関係しているかは不明です)

また、後日知ったのですが、体に熱がこもりやすい体質というのもあるそうです。
そういう場合は、夏はツラいのかと思います。

やはり、問題の渦中にある時は「どうしてこんなことになるの」とか「それくらいで学校休んでどうするんだ」など悩んだりしてしまいます。

怠けているんじゃないかとか、我慢が足りないとか、あまり運動をしていない子ならば「家でだらだらしているからだ」とか責めたくなることもあるでしょう。

ですが、状況は日々変化していくもので、子どもは確かに成長するんだということを実感しています。

もし、病院に行っても異常がなく、春先に不安定になっているお子さんがいらっしゃるならば、焦らずに見守ってみてもいいのではと思います。

スポンサーリンク

フォローする

こちらも読まれています