LINE

LINEのID交換ができない時は?格安スマホで年齢認証できない場合の方法は?

LINEで友だち追加する方法のひとつに「ID検索」または「ID追加」がありますが、それができない場合はどうすればいいでしょう?
格安スマホの場合の方法などをまとめました。

LINEのID交換ができない時は?

LINEで友だち追加をする方法はいくつかありますが、ID検索は携帯の番号を教えることなく遠く離れた相手とも友だちになることが出来ますので便利な機能です。

ID検索機能を使うための設定方法は以下になります。

「設定を選択
「プロフィール」または「プライバシー管理」を選択
「IDによる友だち追加を許可」という項目にチェック

これは相手に自分のIDを検索してもらい、追加できるようにする設定です。
友だちに自分のIDを教えて追加してもらう時などに使います。

逆に、相手のIDを検索して友だちに追加する場合は、友だち画面の上の+マークをタップして検索します。
検索で出てこないという場合は、相手が「IDによる友だち追加を許可」の設定をしていない可能性がありますので、チェックしてもらいましょう。

ですが、この操作をする時にどちらも「年齢認証」というものが必要です。
年齢認証をするには、スマホの契約キャリアへのログインが必要です。

契約キャリアというのは、主にドコモやau、ソフトバンクなどで、格安スマホではできないものがあります
その場合、ID検索機能は使えないということになります。(電話番号検索もできません)

だったら、別の友だち追加の方法を使えばいいと思いますが、電話番号は教えたくないという場合もありますし、会う事もできなければふるふるも使えません。
そこで、ID検索や追加ができない格安スマホの場合の友だち追加の他の方法をまとめます。

格安スマホで年齢認証できない場合の方法は?

まず、ID検索は18歳未満は利用できない機能ですので、そこは注意してください。

ID検索ができない格安スマホで、電話番号を教えたくない時など、ID検索と似た方法で友だち追加する場合の方法です。

友だち画面から友だち追加をタップ
「招待」をタップ
→招待方法の「メールアドレス」をタップ
適当な人を選び(誰でもよいが、万が一のことを考えて当たり障りのない人を選ぶ)「+招待」をタップ
→共有「メール」を選択
→メール作成画面本文の一番下の「https://line.me・・・」というURLをコピーする
→メール画面を閉じる(メールは送らない)

ここで、「+追加」を選ぶ人は実際に追加するわけではないので、誰でも大丈夫です。
ですが、もし間違えて送ってしまったりすると困りますので、自宅の電話番号などを選ぶとよいかと思います。

「https://line.me・・・」から始まるURLが自分のLINEのURLになりますので、これを相手に伝えます。
このURLをタップすると、自分のLINEが表示されますので、そこから友だちになってもらうことができます。

また、PC版LINEからなら、ID検索で友だち追加できます

携帯の番号を教えるのは抵抗がある場合もありますよね。
ID検索ができない格安スマホの場合、参考にしてみてください。