シャワーフックの交換方法■イナックスINAXシステムバスルームのバーの外し方

イナックスのバスルームのシャワーヘッドを掛ける部分が壊れてしまったので、部品を買って交換しました。
スライドフック握りバーの外し方や、取り付け方、交換した部品を紹介します。

スポンサーリンク

シャワーフックの交換方法

我が家のバスルームはイナックスINAXのシステムバスルームです。
シャワーヘッドは「スライドフック握りバー」という棒に付いているフックに掛けます。

名前は、「シャワーヘッド昇降ハンドル」というそうです。
その部分が壊れてしまいました。

「しまる」「ゆるむ」のところの内側の部分が欠けたようです。
こんな感じで取れてしまいました。

ということで、アマゾンで合う部品を探しました。

INAXはこちら
こちらはバーのサイズは24mmです。

30mmならこちらがあります。

我が家はこちらを購入

我が家のバーのサイズは30mmでした。
同じ30mmでしたし、特に問題はないようなので安いものにしました。


スライドバーの太さによって種類がありますので、ご自宅のバーの直径を確認してください。

バーの外し方

シャワーフックを付け替えるためには、バーを外します。
このバーが外せるんですね

外し方は簡単です。
順番に説明します。

根元のグレーの部分を右に回す


画像の部分を右に回すと外れます。

こんな感じで外れます。

上も同様に右に回して外します。

外れる時にバーを落とさないように気をつけてください。

中のネジを緩めて外す

外すと、中にネジがありますので、それを外します。

外れたら、壊れたものをバーから外し、新しい物を付けて、外した時と逆の要領で取り付ければ交換完了です。

こんな感じになりました。

新しいフックをバーにはめる時に少しきついですが、ボタンをしかっり押してぐいっと入れれば入ります。

元のフックとの違い

元のフックと違う点は、シャワーヘッドを入れる部分が少し小さいので、前の様にすぽっとはまる感じではないです。
ですが、落ちることはないですし、きちんとはまっているので大丈夫です。

ホースの入り口がぴったりなので取る時に少し引っかかりますが、個人的には気にならない程度です。

上下させる時ボタンを押すのに、少し力が必要です。
でこぼこがなくなった分すっきりしましたが、力の弱いお年寄りや小さいお子さんがいる場合は、元と同じイナックスの部品方がよいかもしれません。

イナックスのシャワーフックが壊れてしまった場合は、参考にしてみてください。