ホワイトデーの日にちは?お返しのお菓子の意味って?

バレンタインのお返しをする日でもある、ホワイトデーの日にちはいつ?
お返しのお菓子の意味は?

スポンサーリンク

ホワイトデーの日にちは?

ホワイトデーの日にちは毎年3月14日です。

年によって変わることはなく、毎年同じ日です。
バレンタインが2月14日ですので、そのちょうど1ヵ月後ですね。

基本的には3月14日のホワイトデーの日に、バレンタインのお返しを渡します。
土日にあたってしまった場合は、その前の学校や仕事で会う日に渡す方が多いですね。

後よりも前に渡すのが一般的です。
14日が日曜日なら、金曜日の12日に渡すという具合です。

14日が過ぎると、街やお店のホワイトデーのディスプレイは片付けられてしまいますので、一気に熱が冷めていきます。
15日などに渡されても「今頃?」という感じになってしまいますので、渡すなら早い方がよいでしょう。
「ちょっと早いけど、ホワイトデーです。」など、一言添えて渡せばよいですね。

お返しのお菓子の意味は?

ホワイトデーに渡すお菓子にはそれぞれ意味があります。
お返しのお菓子の意味を気にするのは、本命からのお返しや、学生くらいまでかと思いますが、一応覚えておくとよいでしょう。

■クッキー 「あなたは友達」「友達のままで」
■キャンディー「あなたが好きです」
■マシュマロ「あなたが嫌いです」
■マカロン「あなたは特別な人です」

中学生くらいの時は、女子のみんなで「お返しがマシュマロだったら嫌いって意味なんだよ!」なんて、こそこそ話しながらドキドキしていた記憶があります。

でも、意外と男子はなにも考えずに用意して渡したりするものですよね。
深い意味はないのに相手をがっかりさせたり、逆に好意があると誤解させたりする場合もありますので、お菓子選びには気を付けた方がいいかもしれません。

義理チョコのお返しにはクッキーがおすすめです。


彼女へのプレゼントならキャンディーマカロンがいいですね。


マカロンは高級なお菓子のイメージがありますし、見た目も可愛らしく女性に人気です。

まとめ

ホワイトデーの日にちは毎年3月14日です。

お返しに一番無難なのはクッキーです。
彼女など、好意をもっている相手にはキャンディーやマカロンがおすすめです。