恵方巻きいつ食べる?2017年の方角は?向きを確認するには?

近年、浸透してきた恵方巻き。
いつ食べるものか決まりはあるのでしょうか?

今年の方角は?

スポンサーリンク

恵方巻きはいつ食べるもの?

恵方巻きを食べる日というものは、正式に決まっているわけではありません。
一般的には節分の日の2月3日に頂きます
食べる時間に、特に決まりはありません。

節分に太巻きを食べるという習慣は、大阪を中心として行われていたものが、全国的に広まったものです。

大阪以外の人にとっては、ここ数年で出来た習慣のように感じますね。

2017年の方角は?

恵方巻きといえば、その年の「恵方」という縁起の良い方向を向いて食べるというのがよく知られています。

恵方には「歳徳神」という一年を司る神様がいると考えられているため、その方角を向いて食べると縁起がいいというわけです。

では、2017年の恵方はどこかというと

北北西 です。

方位を確認するには?

北北西といわれても「家のどこを向いて食べたらいいの?」っと思いますよね。
方位磁石があればいいですが、ない場合はどうやって確認したらいいでしょう。

一番簡単なのはスマートフォンなどのアプリです。
iPhoneなら、便利ツールなどのところに「コンパス」がはじめから入っています。

ない場合は、App StoreやGoogle Playでコンパスのアプリがありますので、ダウンロードできます。

ちなみに、北北西はどのあたりかというと、北と西の間が北西で、さらに北寄りなのが北北西です。

2017年の恵方は、ほとんど北に近いと言えますね。

まとめ

恵方巻きは節分の2月3日に食べるものです。
その年の恵方を確認して頂きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
こちらも読まれています
スポンサーリンク