学生服は洗濯機で洗える?洗い方は?気を付ける事って?

学生の制服は家の洗濯機で洗えるのでしょうか?
洗い方と気を付ける事をまとめました。

スポンサーリンク

学生服は洗濯機で洗える?

最近の学生服は洗濯機で洗えるのものが増えています。
購入した時に説明書きが付いてきたと思いますので「洗濯機で洗えます」などが書いてあれば、洗えます

洗えるかどうかよくわからない場合は、制服についているタグを確認しましょう。(上着の左ポケットの中などにあります)

洗えないものは?

以下のマークがあるものは水洗いができませんので、家庭では洗えません
クリーニングに出してください。

【旧記号】

【新記号】

出典:消費者庁HP

洗えるのは?

下のようなマークがあれば、洗濯機で洗えます

【旧記号】

【新記号】

出典:消費者庁HP

平成28年12月1日から洗濯表示の記号が変わりますので、それ以降に購入した場合は新記号の方を見てください。

家庭での洗い方は?

学生服を洗濯機で洗う手順です。

洗う準備

■軽く埃を払う
■校章・名札(詰襟の場合は襟カラー・前ボタン)など、付いているものを外す
■ファスナーは閉じて・ホックは止める
■洗濯ネットに入れる

ブレザーの場合は前ボタンは外せないかもしれませんが、学ランの場合は外せるので外した方が安心かと思います。
最近の洗える制服は「洗濯機にポン」で洗えるというものもありますので、外さなくても大丈夫かもしれませんが、簡単に外せるので一応外して洗ったほうが安心かと思います。

外し方は、裏にある黒いプラスチックの留め具のようなもの(裏ボタン)をカチッと外せば取れます。
(ちなみに、裏ボタンをなくした場合は、学生服専門店などで10円くらいで買えます)

洗濯機での洗い方

洗濯ネットに入れたら、「ドライコース」「おうちクリーニング」などのコースで洗いましょう。

おまかせコースで通常洗いできるものもありますが、ドライコースなどの方が脱水がゆるいので、しわになりにくいです。

脱水しない方がよいと言われる場合もありますが、余程デリケートな制服でなければ、脱水して大丈夫でしょう。

洗濯が終わったら軽く手で叩いてシワを伸ばし、ハンガーにかけて風通しの良いところで陰干しします。

スラックスの場合は裾の方を上にして干すと、重みでシワが取れます。

気を付ける事は?

洗濯機で洗う場合は以下の事に注意して洗ってください。

■お湯で洗わない
■色移りするものと一緒に洗わない
■洗い終わったらすぐに干す
■タンブラー乾燥はしない

乾燥機が使える学生服もありますが、それ以外は痛みの原因になりますので、乾燥機にはかけないようにしましょう。

乾いたらアイロンをかけましょう。

まとめ

最近の制服は進化していて、家で洗えるものが増えています。
ネットに入れてドライコースなどで洗えば、型崩れもせず安心して洗えます。

ただ、家の洗濯機だけでは落ちない汚れもありますので、長い休みなどにはクリーニングに出すとよいですね。
その場合は、学校は休みでも部活などで着ることもありますので、制服を使うことがないかきちんと確認してから出してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
こちらも読まれています
スポンサーリンク