年賀状の結婚報告の書き方■友達や親戚には?おすすめ例文は?

親しい方に宛てた、結婚報告を兼ねた年賀状文例のまとめです。

スポンサーリンク

年賀状で結婚報告するなら

年賀状には、基本的には新年の挨拶以外の用件は書かないとされますが、「結婚報告」「出産報告」「転居報告」は兼ねて出してもかまいません。

そのため、結婚して初めての年賀状は「私たち結婚しました」といった内容のものを作る方も多いと思います。

内容は、伝えたい気持ちを書けばよいわけですが、どんな言い回しや言葉を使ったらいいのか悩む場合もありますね。

そんな時の例文をまとめました。

年賀状の結婚報告例文

書く内容の順番としては

■新年の挨拶の言葉
■結婚報告
■これからもよろしくの言葉
■年号

になります。

誰にでも使える一般的な年賀状例文はこちら

新年おめでとうございます
私たちは昨年●月●日に結婚し、初めてのお正月を迎えました。
今後ともよろしくお願いいたします。
平成〇〇年 元旦

結婚式に招待した方や、招待していないけれど結婚したのを知っている方、結婚したことを知らせていない方など、細かく分ければきりがありませんが、その相手ごとに違う年賀状を全部手書きは辛いですし、印刷で数種類用意するのも大変です。

定型文は誰にでも使えるシンプルなものにして、手書きのコメントなどで個別にメッセージを添えるとよいでしょう。

それぞれ他の文例も紹介しますので、参考にしてください。

文例の種類

結婚報告の年賀状におすすめな言い回しを集めました。
好みの組み合わせにしたり、相手によって使い分けてください。

新年の挨拶文例

■新年おめでとうございます
■あけましておめでとうございます
■謹んで新年のお祝いを申し上げます
■謹賀新年

一般的には、上記のような文がおすすめです。

市販のもので、すでに印刷されている場合は、重複して書く必要はありません
「賀正」や「迎春」など漢字2文字のものは、目下の人に使う意味もありますので、わざわざそれを選んで使う必要はないかと思います。

結婚報告

■私たち結婚しました
二人で新しい家庭を築いていきたいと思います。
■昨年〇月〇日 私たちは結婚いたしました
これからは二人で力を合わせて新しい家庭を築いてまいります
■旧年中は大変お世話になりました
おかげさまで二人で初めての新年を迎えることができました
■私たち昨年〇月〇日に結婚し、新しい生活をスタートいたしました

なるべく簡潔な文面なら、送る相手を選びませんね。

今年もよろしくの文例

■本年もよろしくお願いいたします
■末永いお付き合いをよろしくお願い申し上げます
■どうぞ本年もよろしくご指導くださいますようお願い申し上げます
■まだまだ未熟な二人ではございますが、
本年もよろしくご指導賜りますようお願い申し上げます

年号の書き方

最後に「平成〇〇年 元旦」「平成〇〇年 一月一日」と書くのが一般的です。
「元旦」と「一月一日」は同じ意味ですから、「平成〇〇年 一月一日 元旦」とは書きませんので、気を付けてください。

また、元旦に着かないかもしれない場合は「平成〇〇年 一月」と書けばよいです。

住所も知らせる場合

結婚と共に転居した場合は、結婚報告と共に新住所を知らせる場合もありますね。

【例文】

新年おめでとうございます
私たちは昨年〇月に結婚し、下記住所に転居いたしました。
お近くにお越しの際は ぜひお立ち寄りください。
本年もよろしくお願い申し上げます
平成〇〇年 元旦

まとめ

基本的には簡潔な文面がよいでしょう。
年賀状作成サイトなどは、結婚報告用の定型文が選べる場合が多いので、そういったところを利用してもよいでしょう。

★以下のサイトはデザインを選んで本文入力で結婚報告用定型文が選べます。
>>ネット通販最大級の年賀状販売サイト【24年賀状】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
こちらも読まれています
スポンサーリンク