セルフメディケーション税制とは?申告できるのは?対象の薬って?

平成29年1月1日から新しい医療費控除の特例、「セルフメディケーション税制」というものが開始されます。
意外と当てはまる方が多いこの仕組み、いったいどんなものなのでしょう。

スポンサーリンク

セルフメディケーション税制とは?

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。出典:厚生労働省HP

簡単に言うと、

医療用の成分を含んだ市販の薬(スイッチOTC医薬品)を年間で12,000円を超えて購入した場合に、確定申告でお金が返ってくるということです。

国が医療費の削減のために、軽い症状ならなるべく病院にかからないで市販の薬で自分で治してほしいという考えから行われるもののようです。

今までも医療費控除はありましたが、従来のものは年間10万円を超えなければ対象になりませんでした。
10万というのは結構大きいので、対象になる方はそれほど多くなかったかもしれません。
ですが、セルフメディケーション税制の12,000円というのは扶養家族分を含みますので、該当する方は多いのではないかと思います。

申告できる人は?

申告の対象となる人は以下のようになります。

■申告予定者が健康の維持増進および疾病の予防への一定の取組を行っている。
(特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診断、がん検診のいずれかを受けていること)

■対象となるスイッチOTC医薬品を年間12,000円を超えて購入している(扶養家族分は合算)

基本的には、確定申告をする人が健康診断などを受けていれば対象となるということです。

大抵の方はいずれかを受けていると思いますので、条件を満たすご家庭は多いのではないでしょうか。

対象の薬は?

種類はかなりたくさんあります。
対象となる薬には、以下のような識別マークが表示されるようになります。
2016-10-18_180814
出典:タケダ健康サイト
パッケージを見ればすぐに分かりますので、購入する時にこのマークがあるかどうかチェックしましょう。

以下の厚生労働省HPの「対象品目一覧」から商品名が見られますので、自分がよく購入する薬があるかどうか確認しておいてもよいですね。
>>厚生労働省HP

例えば、

アクテージSN錠
アリナミンEXゴールド
アレグラFX
アレジオン10
イブA錠
エアーサロンパスDX
コルゲンコーワIB錠
消炎鎮痛インドメタシン温感パップ
バファリンEX
ムヒアルファEX
ロキソニンS

などがあり、よくCMで見かけたりするものも多く含まれています。

風邪薬や頭痛薬はもちろん、胃腸薬、点鼻薬、鼻炎薬に湿布薬、軟膏、虫刺され薬など、とにかく範囲は広いです。

控除を受けるためにはどうしたらいい?

平成29年分の確定申告から適用されますので、申請します。

その際に必要なのは「レシート」です。

厚生労働省は以下のように業者向けにお願いしています。

1.証明書類には、①商品名、②金額、③当該商品がセルフメディケーション
税制対象商品である旨、④販売店名、⑤購入日が明記されていることが必要
です。
2.1の③当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨の明記に
ついて、キャッシュレジスターが発行するレシートで対応する場合は、ア又
はイのとおりとすることが必要です。
ア.商品名の前にマーク(例えば「★」)を付すとともに、当該マークが付
いている商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨(例えば
「★印はセルフメディケーション税制対象商品」)をレシートに記載
イ.対象商品のみの合計額を分けて記載
3.1の①~⑤の事項が明記されているのであれば、キャッシュレジスターが
発行するレシートであるか、手書きの領収書であるか等を問いません。出典:厚生労働省HP

すなわち、対象の薬を購入すると、レシートにその旨が記載されるということですね。
ですので、スイッチOTC医薬品を購入した場合は、忘れずにレシート(または領収書)を保存しておくことが必要です。
レシートがないと申告ができませんので、気を付けましょう。

平成29年1月1日から、スイッチOTC医薬品を購入したらレシートは捨てないでください!
家族全員に関係することですので、しまっておく場所や入れ物を決めておくとよいですね。

従来の医療費控除制度も残ります

セルフメディケーション税制では、控除の対象となるのは市販薬の購入が10万円未満の場合です。
市販薬も含む医療費が10万円を超えたら、従来の医療費控除の対象となります。

セルフメディケーション税制と従来の医療費控除の両方の利用はできませんので、確定申告の時にどちらの控除を受けるかを決めます。
どちらがいいのか分からない場合は税部署の方に聞けば教えてもらえます。

まとめ

今まで医療費控除が受けられなかった人も対象になる可能性があります。
薬の単価は結構高いので、家族分となれば12,000円購入することもあると思います。
ぜひ、家族みんなで意識をしてレシートを保存してください!