服装選びは気温を目安に!何度から長袖?ブーツを履くのはいつから?

季節の変わり目は何を着ようか、着る物に悩みますよね。
そんな時は気温を目安にすると決めやすくなります。

半袖から長袖にする時期や羽織りものが必要かどうかなど、毎日の天気予報と気温を見て決めてみましょう。

スポンサーリンク

洋服を選ぶ時に参考にする気温

今日は半袖にしようか長袖にしようかなど悩んだ時は、天気予報の「最高気温」を目安にしてみましょう。

気温と服装の関係は以下のようになります。

26度以上 → 半袖
21度~25度 → 長袖シャツ
16度~20度 → カーディガンなどで重ね着
12度~15度 → セーター
7度~11度 → コート
6度以下 → コート+マフラー

赤は夏ですね。
半袖一枚で大丈夫です。

オレンジ色は春から秋の気候です。
半袖の上にシャツを羽織ったりして寒暖差に対応できる服装がよいですね。
また、重ね着も楽しめる時期です。

青は冬物の出番です。
アウターなどの準備をするとよいでしょう。
ブーツの出番の目安は7度~11度です。

グレーは真冬の寒さですね。
コートだけでなく、マフラー手袋などもあるとよいでしょう。

だいたい5度で、1枚ずつ増やしたり、減らしたりするとよい様です。

服装選びの参考になるサイト

自分の住んでいる場所の服装のアドバイスが見られるサイトです。

服装指数(日本気象協会)
旅行先に何を着て行ったらいいかなど悩んだ時にも参考になります。

まとめ

昼間は暖かくても夜になると寒くなったりしますので、帰りが遅い場合は最低気温もチェックしてくださいね。
寒暖の差が大きい時期は体調を崩さないように、気を付けてください。

スポンサーリンク