お彼岸にお供えの花なにがいい?色や種類は?金額は?

お彼岸にはお墓参りに行ったり、仏壇にお供えをしますよね。
お供えのひとつにお花があります。

色や種類はどんなものがいいのでしょう。
金額の相場などについてもまとめました。

スポンサーリンク

お彼岸にお供えする花って?

お墓参りでお墓に飾ったり、仏壇に飾る花のことを「仏花」と書いて「ぶっか」と呼びます。

時期になるとスーパーやお花屋さんでもお彼岸用の花束が売られているので、見たことがあるのではと思います。

お墓参り用として用意するなら、お花を挿す場所は2カ所ありますので、同じものを2つ用意します。
訪問時に仏壇にお供えとして持参するなら、花束1つでもよいでしょう。

お花ばかりたくさんあっても、花瓶や飾る場所がないという場合もありますので、お花を贈るならそのまま飾れるアレンジされているものもおすすめです。

鉢植えはその後のお世話が大変ですので、避けるのが無難でしょう。

ca06f6b6d4f9787419025ca30c3804e1_s

お彼岸にお供えする花の色は?

基本的には、お彼岸にお供えする花の色に決まりはありません。
一般的に、仏花におすすめなのは

3色の場合は「白」「黄」「紫」、それ以上なら「白」「黄」「紫」「ピンク」「赤」などを基調とした、明るい色のものです。
※ただし、悲しみの時には「赤」は避けるとされます。

また、故人が好きだった花や、季節の花などを飾ってもよいでしょう。

仏花で多いのは白や黄色を基調とした菊ですね。
菊は長持ちするという面からも仏花として使用されています。

他に、

春ならアイリス、キンセンカ、スターチス
秋ならりんどうなど

りんどうは紫色が上品で、秋のお彼岸にはおすすめの花です。

基本的には、「仏花」として花束になっているものを選べば無難ですね。
また、お花屋さんで「お彼岸用の花を〇〇円くらいで作ってください。」とお願いすれば、作ってもらえます。
自分の贈りたい花のイメージや予算を伝えて、店員さんに相談に乗ってもらうとよいでしょう。

仏花の色などについてはこちらもどうぞ
仏壇にお供えする花に決まりはある?種類はなにがいい?飾り方は?

お彼岸のお花の金額の相場は?

お彼岸にお供えするお花はいくらぐらいがよいのでしょう。

一般的にお彼岸のお供え物の相場は、香典で3,000円~5,000円、品物なら3,000円程度とされます。

お花屋さんのサイトなどでも贈りものとして紹介されているのは、3,000円前後のアレンジが一番多いですね。

ただ、訪問する場合は、花だけ持って行くということは少ないでしょう。
花と品物などの組み合わせが多いですので、花の値段としては1,000円前後が人気です。

スーパーなどでは、仏花は400円~500円くらいからあります。
スーパーやお花屋さんの店頭などで透明なビニールに包まれているのは、主に自分の家に飾ったり、お墓参りに持って行く用の花束でしょう。
実家に持って行くなどなら、そういったものを2個でもよいですね。

贈るとするならやはり1,000円~3,000円程度のもので、きちんと包んでもらった方がよいでしょう。

まとめ

贈るなら相場は3,000円程度ですが、お墓参りに持って行くなら500円×2個で1,000円くらいが一般的です。
基本的に花の種類に決まりはないですが、「仏花」としてよく使われる菊などを中心に選ぶのが無難です。
色は白・黄・紫・ピンクなどがよく、季節の花を加えてもよいです。

地域によっては使える花や色のしきたりがある場合もありますので、心配ならその贈る場所の花屋さんで購入するのがよいでしょう。
送る場合は、使用しない花の種類が選べるサービスもあるので、活用してみてください。

花キューピットなら予算やイメージに合わせてフラワーギフトを作ってもらえます。
「おまかせギフト」から注文できます。
当日お届け可能!
お祝いやお供えのお花は【花キューピット】へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
こちらも読まれています
スポンサーリンク