浴衣の衿の合わせ方は?すぐ分かる覚え方って?

浴衣などの着物、着方は衿は右が前だったか左が前だったか、つい忘れてしまうことってないですか?
すぐ思い出せる、忘れない覚え方の紹介です。

スポンサーリンク

どっちを前にして着る?

着物を着る機会は少なくても、浴衣なら旅先などで着ることもあると思います。
また、着物を着た人の絵を描いたりすることもあると思いますし、どっちを前にするかは知識として知っておきたいことですよね。
子供に教える時にも分かりやすい覚え方の紹介です。

ƒvƒŠƒ“ƒg

着物の衿の合わせ方の覚え方

時代劇などを思い出してください。

右手を懐に入れて物を出す

こういう仕草、よく目にしますよね。
着物を着た人が、利き手の右手で懐に入れたお金や武器などをさっと出したりすることがあると思います。

【懐】(ふところ)とは
・着た着物の胸にあたる部分の内がわ。
・着物の内側の胸の部分。

つまり、右手で懐の物を取り出しやすいように着る=左を前にして着る

これが正解です。

edojidai_man

右を前にして着たら、右手をスムーズに懐に入れられないですよね。
どっちが前だっけ?と思った時は、このことを思い出してください。

左利きの方には申し訳ないですが、利き手が右手と仮定して覚えてください。

まとめ

旅行先などで浴衣を着る時などにも役に立ちます。
反対に合わせて着ていると恥ずかしいので、着る機会がある場合はお子さんにも教えてあげてくださいね。

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ
こちらも読まれています
スポンサーリンク