残暑見舞い例文■中学生から先生への書き方は?

中学生から先生への残暑見舞いの書き方についてまとめました。

スポンサーリンク

残暑見舞いを出す時期は?

残暑見舞いは立秋(8月7日頃)過ぎ~8月末頃まで に出します。

立秋は年によって違います。
2017年は8月7日です。

暑中見舞いの時期が過ぎてしまった時や、暑中見舞いの返事として出す場合が多いですね。
暑中見舞いか残暑見舞いのどちらかを出せばよいので、1人に両方送る必要はありません。

また、残暑見舞いだけ送ることも問題はありません。

残暑見舞いの書き方

残暑見舞いも基本的なことは暑中見舞いとほぼ同じです。

詳しい書き方などが知りたい場合はこちらをどうぞ。
暑中見舞い例文■中学生から先生宛て内容とコメントは?

残暑見舞いの特徴は、「暑中見舞いを頂いていればそのお礼を書く」ということでしょう。
また、涼しくなっていればそういったコメントになる場合もありますが、基本的には「暦の上では秋なのに、まだまだ暑いですね」といったコメントになります。

例文を作りましたので参考にしてください。

中学生から先生への例文

≪≫内は自分の言葉で書いてみてください。

残暑お見舞い申し上げます
まだまだ暑い日が続きますが、先生はお元気ですか。
私は〇〇大会で〇〇な成績をおさめることができました。
先生も体調には気を付けてお過ごしください。
9月からもよろしくお願いします。

平成〇〇年 晩夏

残暑お見舞い申し上げます
暑い日が続きますが先生はいかがお過ごしですか。
暑中見舞いのハガキをありがとうございました。
≪ハガキの感想≫
暑さはまだまだ続きそうです。
くれぐれもご自愛ください。

平成〇〇年 立秋

残暑お見舞い申し上げます

暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続いています。
先生はお元気ですか?
暑中見舞いをありがとうございました。
ステキなハガキでとても嬉しかったです。
≪自分の近況≫
夏バテには気を付けて、また学校で会えるのを楽しみにしています。

平成〇〇年 晩夏

頂いたハガキのお礼や感想などは、素直に書いたほうが先生も嬉しいでしょう。
暑中見舞いの場合は、年度のあとは「盛夏」などと書きますが、残暑見舞いの場合は「晩夏」や「立秋」を使いますので、間違えないようにしてください。

まとめ

部活や塾などで忙しいと思いますが、なるべく早めに出すようにしたいですね。
小学生の時のお友達や祖父母などにも、この機会に出してみたらきっと喜んでもらえると思いますよ!

日本らしい素敵な習慣ですので、大人になっても忘れないで欲しいと思います。

こちらも読まれています
スポンサーリンク

フォローする